パチンコ屋の「空気アピール」がすごいことになっていた

どうやら最近のパチンコ屋はすごいことになっているらしい。

私がそのことに気がついたのはつい数年前のことだ。

その日、私は都内某所にいた。地下鉄へ向かうため歩いているところだった。

道中、一軒のパチンコ屋があった。なんの気なしに目をやると、店の周りを取り囲むようにたくさんののぼりが立っている。のぼりにプリントされているのは、「新台入替」だの、「初心者大歓迎 1円パチンコ」だの、いかにもパチンコ屋らしい宣伝文句だ。

まあ、よく見かける光景だ。だが、以下の「宣伝文句」がプリントされたのぼりを発見した瞬間、私は心底おどろいた。

「パラッツォは空気がおいしい♪」

とんでもないことになっていたのだ。

パチンコ屋といえば「店の中がタバコ臭い」と誰しもがイメージするだろうが、なんとこの店は「空気がおいしい♪」らしいのである。なぜ文章の最後に音符のマークを付けているのかよくわからなかったものの、それはともかくとして、これは革命じゃないか、と私は思った。

いったい、いかほど「おいしい」のだろうか。アルプスの空気なみに「おいしい」のだろうか。

さらにこないだ千葉県某所で見かけたパチンコ屋だ。ここもすごかった。思わず写真に撮ってしまった。以下がそれだ。

 

f:id:tonchi-banchou:20190625224458j:plain

 

なんなんだこれは。「汚れた空気 水で洗ってます」って、いったいどういうことなんだ。

店員が空気に霧吹きかなんかをかけて、それでもって雑巾かなんかで洗っているのか。

もちろん、そうではなかった。

気になったのでネットで検索してみたら、上の写真の店ではないが、違うパチンコ屋のホームページにその答えらしきことが掲載されていた。なんでもそのパチンコ屋には水の力で空気を洗浄してくれる高性能な空気清浄機が設置されているらしく、そのおかげで「空気が綺麗」らしいのだ。おそらく上の千葉県某所の店にも同じタイプの空気清浄機が導入されているのではないか。 

さらにネットで調べてみてわかったのは、どこのパチンコ屋にも必ずと言っていいほど空気清浄機が設置されているということであって、

「空気が綺麗!」

だの、

「快適空間!」

だの、とにかく「空気アピール」がものすごいことになっているのだ。

「キレイな空気だけでも吸いに来て下さい!」

 とホームページで宣伝しているパチンコ屋もあった。

 いま、綺麗でおいしい空気を味わいたいなら、目指すべきはパチンコ屋である。