小島麻由美@モーション・ブルー・ヨコハマ(2018/11/1)

もはや「小島麻由美ファンブログ」か「小島麻由美大好きクラブ」というブログ名に改名したほうがいいのではないか状態の当ブログであるが、昨年に続いてモーション・ブルー・ヨコハマにて小島麻由美さんのライブが開催されるとのことで、まあ、観に行って来た。

うん。

よかった。

それにしても、小島麻由美のライブは毎回「ハズレ」を引いたことがない。

「今日は高音を出しにくそうに歌ってるなー。調子悪いのかなー」

とか、

「なんかバンドのメンバーたちといまいち呼吸があってないなー」

とか、そういうガッカリ体験が一切ない。

いつ観に行ってもいつもの小島麻由美の歌声を堪能することができる。

これは本当に素晴らしいことだと思う。

この日集結したのは

ASA-CHANG(ds)

・長山雄治(wb)

塚本功(g)

・田浦健(ts)

・上野まこと(ts)

・Dub Master X(F.O.H.)

以上のメンバーであり、ジャジーなシャレオツ感満載の演奏でもって小島麻由美の歌声の魅力を一層際立てていて、とにかくもう最高だった。

というわけで、セットリストは以下のとおり。

1.パブロの恋人

2.セシルカットブルース

3.チョコレート

4.白い猫

5.赤と青のブルース

6.面影

7.月の光

8.ドロップ

9.モッキンバード

10.飾窓の少女

11.蜜蜂

12.黒猫

13.夜明けのスキャット

14.ポルターガイスト

15.眩暈

16.結婚相談所

17.ハートに火をつけて

18.パレード

19.ひまわり

(アンコール)

20.サマータイム

ところで、「パレード」の演奏が終わったあとのMCでASA-CHANG

「泣きそうになりました、ほんと」

と口にして、冗談かと思ったらどうやらマジ泣きしていたらしかったのがちょっと気になったといえば気になった。

去年はSORA FES 空飛ぶ音楽祭で、その前の年にも渋谷クラブクアトロで開催されたライブで共演しており

「“じつに5年ぶりの共演!”とかそういうわけでもないのになんで?」

と思った。

私生活でなんかあったのだろうか。

べつにとくになんかあったわけでもなく、

「一年ぶりに共演できて嬉しかった」

「思わず感極まった」

という、そのままの理由ならべつに全然良いんですが。

「前の日に犬のうんこ踏んじゃってへこんでたけどうまい具合に演奏できた」

「なぜか感極まった」

とか、そういうくだらない理由でも良いんですが。

とりあえず、

「曲は作ってるんですよ。すごいいっぱいあるなー」@小島嬢

「出さなきゃだめじゃないですか! レコーディングしましょうよ、レコーディング!」@ASA-CHANG

という話も訊けたので、無事レコーディングされ、そして音源としてリリースされるのを首を超長くしながら待ちたい。

 

f:id:tonchi-banchou:20181102230524j:plain