イントロのベースがかっちょ良くてヤベーッスと褒めたくなる曲、ベスト5

「ギターソロとかコスパ悪いしいらん! あとイントロもコスパ悪い! いらん! ついでに死ね!」

という昨今の風潮にあえて逆らいたい!

というわけで、今回はイントロのベースがかっちょ良くてヤベーッスと褒めたくなる曲を、とてもおもしろくないダジャレで申し訳ないが、例によってベスト5形式で勝手に発表していきたいと思う。

それでは早速行ってみよう。

 

5位.ゆらゆら帝国「EVIL CAR」(演者:亀川千代)

youtu.be

まず5位はゆらゆら帝国のこちらの曲だ。ゆらゆら帝国というバンド名をそのまま音にしたような、ゆらゆらと蠢くベースラインがじつに味わい深い。怪しさ全開でクセになるような魅力全開だ。演者はバンドの紅一点、ではなく、ちゃんとちんこが付いてる亀川千代様だ!

 

4位.MO'SOME TONEBENDER「FREEZE」(演者:武井靖典)

youtu.be

続いて4位はここ数年ほぼ開店休業状態でなんだか心配になってしまうモーサムのこちらの曲。演者は武井靖典だ。なにしろ出だしからブリブリ弾きまくるヘヴィなリフが強烈このうえない。あまたあるモーサムの名曲のなかでもイントロでのベースのインパクトという意味では随一の楽曲だと断然したい。

 

3位.ニルヴァーナ「Lounge Act」(演者:クリス・ノヴォセリック)

youtu.be

3位はニルヴァーナの代表作であり言わずと知れた歴史的名盤『Nevermind』に収録されているこの曲。演者はクリス・ノヴォセリックだ。「ニルヴァーナはカートとデイヴだけじゃないぜ!」と言わんばかりに最高にシブくてクールなベースラインを聴かせてくれる。名曲揃いの『Nevermind』のなかで見過ごされがちな感がある楽曲だが、全体を通して抜群にキャッチーな構成だし、個人的にはクリスの名演ともども、もっと評価されてもいいのではと思う。

 

2位.ピクシーズ「Gigantic」(演者:キム・ディール)

youtu.be

2位はオルタナティヴロックの父、ピクシーズのこの曲。演者は正真正銘バンドの紅一点、キム・ディールだ。「これはもはやメロディでは?」と拍手をしたくなる華麗なベースラインを耳にした途端に虜になること必至の名演。いつかのフジロックで聴けたときは感動したぜ!

 

1位.パブリック・イメージ・リミテッド「Poptones」(演者:ジャー・ウォブル)

youtu.be

そして栄えある頂点に輝いたのはPILの名盤『Metal Box』に収録されているこの曲。演者はアルバム完成後にバンドを脱退してしまったジャー・ウォブルだ。まるで呪いのようなというかかなり悪魔っぽいというかほぼ悪魔なベースラインがすさまじい。イントロのみならず最後までほぼずっとおんなじフレーズを弾いてるだけなのにこのおどろおどろしさ満々のインパクトは只事ではない。カッケー! 素晴らしい!

 

以上。疲れた。おしまい。