【第6回】気が向いたときに追加していく映画用語辞典

まだあった。

というわけで、例によって映画用語を粛々と追加してみる。

 

●ぽっぷこーん・むーびー【ポップコーン・ムービー】 

ザ・ロック [Blu-ray]

ザ・ロック [Blu-ray]

 

とくに高尚なテーマを扱っていたりだとか深い考察をする必要が一切なく、頭からっぽ状態でポップコーンぼりぼり食いながら気軽に観られる映画のこと。例=「今日は仕事でヘマしてへこんでるから気晴らしに―でも観るかな」

 

●あまぞんのいみふめいなえいがのかすたまーれびゅー【アマゾンの意味不明な映画のカスタマーレビュー】 

gu-tara-tonchi.hatenablog.com

たまにアマゾンに紛れ込んでいるわけのわからぬ日本語で投稿されているカスタマーレビューのこと。詳しくは上の記事を参照していただきたい。例=「さて、今日は暇つぶしに―でも読むか」

 

●らじーしょう【ラジー賞】 

プレミアムプライス版 ショーガール blu-ray《数量限定版》

プレミアムプライス版 ショーガール blu-ray《数量限定版》

 

 「オメ―の映画、超絶クソつまんねえから記念に祝ってやるわ。おめでとう!」的な名誉ある賞のこと。※正式名称→ゴールデンラズベリー賞。当然ながらクソつまらんとしか言えぬ映画が大半だが、ごく稀にふつーにおもしろい作品もあったりする。例=「さて、今日は暇つぶしに―を受賞した映画でも観るか」

 

●おすかー【オスカー】 

レヴェナント:蘇えりし者 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

レヴェナント:蘇えりし者 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

アカデミー賞の受賞者に送られる裸の男性の立像のこと。通はアカデミー賞の受賞者のことをオスカーと呼ぶ。例=「ディカプリオが『レヴェナント: 蘇えりし者』で、ついに悲願の―を獲得した」

 

●きんにくえいが【筋肉映画】 

コマンドー <日本語吹替完全版> [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

コマンドー <日本語吹替完全版> [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

シュワルツェネッガーやスタローンやヴァンダムやノリスやドウェイン・ジョンソンやジェイソン・ステイサムやスティーヴ・オースティン等が大活躍する映画のこと。主に午後ローで放送される。例=「おっ、来週の午後ローは―祭りじゃないか。これは全作品録画せねば」

 

●びでおするー【ビデオスルー】  

収益が見込めないだとか、あとはよく知らんがめんどーだからとか、たぶんそういうような理由で劇場公開されなかった映画のこと。主に外国では公開されたが日本では未公開の作品を指す。例=「へえ~、『ブッチャー・ボーイ』って―なんだ。あんなにおもしろい映画なのに信じられんな」

 

●ふぃるまーくす【Filmarks】

filmarks.com

国内最大級の映画レビュー数を誇るネットの映画情報サービスのこと。どことは言わないが高尚な映画ブログ等とは違って比較的どの投稿も簡潔な文章でまとまっており、なおかつ作品によってではあるが大量のレビューを読めたりするので、まあクソみたいなレビューもあったりするがわりと便利なサイト。例=「さっき観た映画、おもしろかったなー。どれどれ、―のレビューはどんな感じかな」

 

以上。