ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ@幕張メッセイベントホール(2019/05/15)

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのおよそ4年ぶりとなる単独来日公演を観に行って来た。

 

f:id:tonchi-banchou:20190517222113j:plain

 

f:id:tonchi-banchou:20190517222024j:plain

 

f:id:tonchi-banchou:20190517222203j:plain

 

会場に着いたのが開演目前の時間だったのでお目当てのTシャツは買えなかったが、まあ、そんなことはこの際どうでもよろしいのだ。

なにしろ、かなり右の端っこがわ付近ではあるものの、なんとなんとのアリーナ2列目なのである。抽選の指定席としては私史上最高の当たり席なのである。

野音ナンバーガールが盛大に外れてしまったのは、おそらくこちらで運を使い果たしてしまったからに違いない。こんな良席をゲットできたんだから、もうナンバーガールなんてどうでもいいよ。

いや、良かないしやっぱりナンバーガールも観たいが、いずれにしても4年ぶりとなる待望の単独来日公演であり、しかもアリーナ2列目なのだからして開演前からすでにテンション爆上がり状態の私である。

定刻から約10分遅れでライブはスタート。オープニングナンバーは、もちろん「Fort Knox」である。その後も最新アルバム『Who Built The Moon?』からのナンバーを立て続けに披露してゆく。

「ハサミのおねえさん」ことシャルロット嬢はなぜか欠席していたが、それにしても、「ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ」がこれほどまでに逞しい「ロックバンド」になるとは、正直、予想外だった。

まず、ノエルのバンドに女性のメンバーがいるというのがちょっとイメージが出来なかったし、ゲムやクリス・シャーロックと再び組むというニュースを知ったときも、正直やめてほしいなと思った。せっかくノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズとしての見事なキャリアを順調に確立してきたというのに、これでまた後期オアシスの頃のようなグダグダな感じになってしまうんじゃないかと、私は否定的な立場だった。

ところが蓋を開けてみると、昨年のサマソニと同様、ゲムは熟練の演奏っぷりでじつに頼もしかったし、クリスもオアシス時代とは比べ物にならないぐらい躍動感たっぷりの目の覚めるようなドラミングを見せつけてくれるではないか。もちろん、ベースのラッセル君の活躍ぶりについては言うまでもなく、ブリブリの重低音&美麗なコーラスワークでバンドの土台をしっかりと支えていたし、バッキングボーカル&キーボード担当の女性メンバー、ジェシカ・グリーンフィールドも、たしかな存在感でバンドに華を添えていた。

さらに、お名前がわからないのだが、楽曲によってときおり登場してきた黒人の女性シンガーだ。この人がやはりこれまたとても良かった。この日、はじめて生で聴くことになった新曲「Black Star Dancing」では、ノエルとツインヴォーカルのような形でパワフルかつ妖艶な歌声を披露。バンドの新たな一面が垣間見られる素晴らしい楽曲でありパフォーマンスだった。

2nd『Chasing Yesterday』期までのライブも素晴らしかったが、『Who Built The Moon?』ツアー以降の、つまり、現在のメンバー編成となってからは、ますますバンドとしての結束力・ダイナミズムが強固になっているように思える。メンバー各人がエンジョイしながら演奏をしているのが伝わってくるし、それでいてピリッとした緊張感もしっかりと感じられる。まさしく安定・圧巻の「ライブバンド」である。

もちろん、「Little by Little」、「The Masterplan」、「Wonderwall」、「Don’t Look Back in Anger」といったシンガロング系のナンバーもちゃんと披露してくれた。しつこいがアリーナ2列目であって、もう興奮のあまり声が枯れるほど合唱してしまった。ライブ中も携帯で写真を撮るのはオーケーぽかったので、バシャバシャと撮りまくってしまった。

 

f:id:tonchi-banchou:20190517221654j:plain

 

f:id:tonchi-banchou:20190517221751j:plain

 

f:id:tonchi-banchou:20190518173502j:plain

 

f:id:tonchi-banchou:20190517222626j:plain

 

結局、1時間40分ぐらいやってくれただろうか。ほんとうにあっという間だった。

それにしても、2曲目の「Holy Mountain」の演奏が終わったあたりだったか、目の前のセキリュティゾーンを金髪の人物が一瞬横切っていったのが視界の片隅に入って、あの人なんだったんだろなとなんとなく気になっていたのだが、家に帰ってきてライブを観に来ていた人らのネットの書き込みを眺めていたら正体がわかった。どうやらあの金髪の人物はノエルの娘のアナイス・ギャラガーだったらしい。なにしろステージに目が釘付けだったので、はっきりお顔を見ることが出来なかった。それだけが、なんとなく後悔といえば後悔。

 

●セットリスト

1.Fort Knox
2.Holy Mountain
3.Keep On Reaching
4.It’s a Beautiful World
5.She Taught Me How to Fly
6.Black Star Dancing
7.Talk Tonight
8.The Importance of Being Idle
9.Little by Little
10.Dead in the Water
11.Everybody’s On the Run
12.Lock All the Doors
13.If I Had a Gun…
14.In the Heat of the Moment
15.The Masterplan
16.Wonderwall
17.Stop Crying Your Heart Out
Encore:
18.AKA… What a Life!
19.Half The World Away
20.Don’t Look Back in Anger
21.All You Need Is Love