【ライブ感想】ナンバーガール@ZEPP TOKYO~2002/11/28

まさかのナンバーガール再結成ということで、せっかくなので大昔にとある音楽系同人誌に掲載させていただいた「第一期ナンバーガール」の東京最終公演の模様を綴った感想文をこちらに採録いたします。

いま読み返してみると、どうしようもなく青臭い内容の、我ながら赤面してしまうような文章ですが、わたくしにもこういうピュアな時代があったのです。

ああ、「第二期ナンバーガール」のライブを観ることが出来たら、またこういう気持ちになれるのかしら。

 

ナンバーガールZEPP TOKYO~2002/11/28

ナンバーガールの東京最終公演。

ついに来てしまった。

2日後に札幌で文字通りの最終公演行われるが、この日集まった人たちの中で観に行く人はそう多くはないだろう。僕も観には行けない。とにかく、とてもじゃないが冷静ではいられなかった。

期待と寂しさがごちゃまぜになった複雑な気持ちで開演の時を待つ。そして、ついにメンバーが登場。大歓声が上がるなかライブがスタートする。

解散のことをとくに意識した風でもなく、黙々と激しい音を重ね合わせていくメンバーたち。観客もそれに呼応するように音に合わせて暴れたり踊ったりしている。僕も暴れた。無我夢中で暴れまくった。

時間はどんどん経過していく。1曲終わるごとに、お馴染みの楽曲を堪能できたという満足感と2度と体感できないという悲しい現実が脳裏に浮かび交差する。そして、そんな思いもバンドの繰り出す爆音の渦に掻き消されていく。

ふと周りに目をやると目に涙をためている人がいる。僕もこみ上げてくるものがあった。なんとかこらえ、その一音一音をいっときも逃すまいと、バンドの姿をいっときも見逃すまいと、全身全霊をかけて楽しんだ。

計2時間弱。

本当にあっという間だった。

だが、メンバーが立ち去ったあとも観客は手拍子を繰り返し帰ろうとしない。もちろん僕も帰らない。

田渕ひさ子がステージに再び上がってきた。沸き起こる大歓声。

「ありがとうございました! 乾杯!!」

彼女はそう言って舞台袖へ消えていった。

それでも止まない手拍子。すると今度は向井秀徳が場内アナウンス用のマイクを使ってなだめるように言った。

「もう帰れなくなるから帰れー」

「やだー!」

悲鳴のような声が上がる。それも虚しく会場の撤収作業が始まってしまう。

そのとき、ひとりの男性が大声で叫んだ。

「ありがとう! ナンバーガール!!」

一斉に叫ばれるその言葉。

結局、この日のライブを観て、聴いて、感じた人たちが言いたかったのはこの言葉だった。

僕も一緒になって叫んだ。

「ありがとう! ナンバーガール!!」

 

OMOIDE IN MY HEAD4 珍 NG & RARE TRACKS

OMOIDE IN MY HEAD4 珍 NG & RARE TRACKS