「アナル出てる映画」というワードで検索した人へ

昨晩、過去記事の修正のためはてなブログにアクセスし、ついでにアクセス解析の画面を眺めてみたら、どうやら当ブログが「アナル出てる映画」という検索ワードに引っかかっていたらしくびっくりした。

 

f:id:tonchi-banchou:20170905203128p:plain

 

アナルが出てる映画のことを書いた覚えなんてまったくないのに、なんでなんだ。

たしかに当ブログは「映画」に関する記事を多く投稿している。

問題は「アナル」だ。

「変だな。そんなにアナルって書いた記事、投稿してたっけ…?」

などと、アナルに綿棒を鬼のように出し入れしながら考え込んでいたら、ハタと気がついた。

おそらく以下の記事のせいである。

 

gu-tara-tonchi.hatenablog.com

 

デンゼル・ワシントン主演の映画について書いた記事で、本文で「アナル」ってなんべんも書いてるし、しかもタイトルにおもいっきり「炸裂! アナル爆弾!」って付けてるではないか。

もちろんこの『マイ・ボディガード』は、デンゼル・ワシントンがアナルを晒している映画ではない。

デンゼル・ワシントンが悪者のアナルに火薬を詰めて爆死させる描写が出てくる映画であり、ならばドアップで映された悪者のアナルにデンゼルがせっせと火薬を詰め込んでいるような画が観られるのかというと、当たりまえだがそんな画は一切観ることはできない。

「アナル出てる映画」で検索した人からすれば、どうやらかなり紛らわしい記事になってしまったようだ。

というわけで、当ブログには「アナル出てる映画」に関する有益な情報は一切ございません。

万が一、「アナル出てる映画」で検索した人がこの記事を読んでいたら謝る。本当に申し訳ない。

にしても心配になるのは「アナル出てる映画」というワードだと女優のみならず男優の「アナル出てる映画」も検索されてしまうのでは、ということだ。

つーかむしろそれが目的なのだろうか。

たとえば、ニコラス・ケイジがアナルを晒している映画とかあったりするのだろうか。

人の趣味にどうこう言うつもりはないが、たとえニコラス・ケイジのアナルが綺麗だとしても、ましてやたとえニコラスのアナルからフローラルブーケの香りがするとしても、私はニコラスのアナルには一ミリも興味はないとだけ申しておく。

さらにもうひとつ、気になる検索ワードが載っていた。以下がそれだ。

レッチリ フリー 鼻毛」

レッチリのフリーの鼻毛について書いた記憶も同様にないが、当ブログではレッチリのことを書いた記事は過去にいくつか投稿しているし、鼻毛のことを書いた記事もある。なのでヒットしてしまうのだろう。

レッチリ フリー 鼻毛」で検索した人からすれば、さぞかし紛らわしかったはずだ。

こちらも謝罪しておくべきだろう。本当に申し訳ない。

一応謝るが、にしても「レッチリ フリー 鼻毛」って、そんなもん調べてどうするんだと言いたくなろうというものだ。

ちなみに当ブログの検索でもっとも多く引っかかるのが「エロ本 購入方法」というワードである。

これが本当に多い。

おそらく以下の記事が原因であろうと思われる。

 

gu-tara-tonchi.hatenablog.com

 

自分の書いた記事が検索でヒットする、というのはブログ書きにとって喜ばしい状況だろうが、なにしろ毎日のように検索欄に件のワードが載っているわけで、 この国のエロ本難民の多さに頭を抱えてしまうばかりだ。

上の記事を読むのがかったるいという方のためにシンプルにアドバイスしておく。

書店やコンビニやエロDVDショップで売っているので買いなさい。

店員と対面したくないという人は、アマゾンシーオージェイピーなりDMMドットコムなり、ネットショッピングを活用すれば難なく買えるはずだ。

私からは以上である。