読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「大将」と呼ばれし者たち

「大将」といえば欽ちゃんこと萩本欽一である。

そして、寿司屋やラーメン屋、さらに居酒屋の店主などが客らから呼ばれているイメージが強い。

たとえば寿司屋の場合、

「じゃあ大将、熱燗もらおうかな」

「へい。熱燗一丁!」

みたいなやりとりはドリフのコント等でよく見られる風景だ。

ただ、寿司屋やラーメン屋や居酒屋にしても個人経営の店主に限るらしく、たとえばスシローで寿司を握っている職人に向かって「大将」と呼ぶとなると、なんとも言い難い違和感を感じる。

同じようにくるまやラーメンや白木屋の店主も「大将」とは無縁の存在であろう。もちろん、くら寿司かっぱ寿司ラーメン花月幸楽苑、魚民なり天狗なりの店主らもけっして「大将」と客らから親しみを込めて呼ばれることはないはずだ。

しかしながら、「個人で経営している店主」=「大将」になるかというと、必ずしもそうとは言えないだろう。

たとえば、個人で経営している理容室の店主のことを「大将」と呼ぶ人間がはたしているだろうか。

「マスター」

そう、マスターですよ。

いまだかつて私はそう呼んだことは一度もないが、なんにせよ理容室の店主といえば「マスター」が一番しっくりくる。

あるいは、洋風のバーの店主に関してもやはり「マスター」だ。

なんだかわからないが、とにかく「大将」は違う。どうもしっくりこない。

では、個人で経営している文房具屋の店主はどうか。ペットショップやマッサージ店の店主、あるいは接骨院の院長はどうなのか。「大将」ではないことはあきらかだし、ましてや「マスター」など言語同断だと言っていい。

いったい、「大将」と呼ばれるための条件とははたしてなんなのか。

まあ、どうでもいいっちゃ果てしなくどうでもいい。