読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年終わりのご挨拶と、ついでに本年度に投稿された当ブログのおすすめ記事をいくつかピックアップしてみた。

読者数5000万人かつ月に最低10記事更新を目標に今年はやってきたのだが、どちらも全然達成されずに年も暮れようとしている。

なかなか予定どおりに行かないのが人生である。

そんなことはわかっている。

わかっているがこころざしだけはでっかくやっていきたいじゃないか。

なので、来年は読者数1兆人かつ1分毎の記事更新を目標にやっていきたい。

さて、おそらくこれが年内最後の更新となる。1年の締めくくりとして、当ブログにて本年度に書かれた暇なときに読んでみたらいいと思うよ的なおすすめ記事をいくつかピックアップさせていただく。なにかの間違いで訪れた人が一読し少しでも楽しんでいただければ幸いだ。

 

ピザ屋のテイクアウトで「ラッシャー板前」と名乗ろうとして失敗した話。あとで「“井出らっきょ”にしときゃ良かったかな」とも思ったが、いやどちらが良いも悪いもないだろうが、ともあれ、これまで生きてきてこのときほどラッシャー板前について真剣に考えたことはなかったし、おそらく今後もないだろう。

 

はじめて「スマートニュース」というサイトに掲載された(らしい)記事。まあ、書いててもあんまり楽しくなかったし、書いてるときにとくに手ごたえとかもなく、自分的にもとくに愛着のない記事だが、「それなりに役に立ちそうな内容だから」ということで取り上げていただけたのだろう。いつまで経っても不人気ブログのままでも、それなりに頑張って地道にやっていればたまにこういう幸運が下りてくることもあるんだな、と思った。そして、俺は「人の役に立ちそうな記事」というものにはあんまり興味がない、ともあらためて思った。

 

「鳩が豆鉄砲を食ったような顔」の達人であるX君のアホなエピソード。X君に関しては楽しい話が山ほどあるのでいつか記事にしたいと思うが、およそ詳細に書けないようなやばめな話も多いので選別に迷っている。

 

「救急車を呼んだら大事になりますよ」という教訓エピソード。全然教訓にならないかもしれないが。

 

基本的に不真面目かつふざけた内容の記事しか書かない当ブログだが、たまにはこういう真面目っぽいのも書いたりする。いまどきおすすめのCDの記事を書いている時点で時代遅れ感が甚だしいが、いいじゃない! 好きなんだもん。

 

映画について鋭い視点で真面目に考察した記事なんて書こうと思っても書けないのでどうしたってこんな内容になる。

 

ある日、いつものように通勤しようと朝外に出たら俺のバイクが何者かの仕業によってサラダ油まみれにされていた話。生涯ではじめて警察を呼ぶ羽目になり、もうほんとうに散々な出来事だった。とはいえ、ブログのネタになるしいいか、と思う自分もいた。俺の脳は完全にブログ病に侵されている、と思った。ちなみに犯人はもちろんいまだ捕まってない。

 

以上です。

スターだのブックマークだのコメントを寄せたりだのしてくんなさった方々、なんも付けたりとかしてないけど暇つぶしでてきとーに読んだり読まなかったりしてるよ、などという読者の皆様には深く御礼を申し上げたい。ほんとうにありがとうございました。

ではでは、よいお年を。