続・続・YouTubeの「○○を歌ってみた」の人

先日、以前に録画しておいた某バラエティ番組をぼーっと眺めていたら衝撃が走った。

なんと、あの、「pucuoさん」が出ていたのである。

「pucuoさん」とははたして何者か。

説明しよう。

「○○を歌ってみた」と題した、自身が歌うカラオケの音声ファイルを、YouTube上に多数アップロードしている謎の人物である。

f:id:tonchi-banchou:20161110211618p:plain

おそらくプロのミュージシャンでもなんでもなくズブの素人であり、なぜそのようなことをしているのか、動機・理由・目的等はすべて不明。

前述した某バラエティ番組では、カラオケ店で歌を歌っている素人を隠し撮りしているというテイで、そのうちの一人としてpucuoさんの雄姿を確認することができた。

とはいえ、テレビに映っていた「彼」が「私はpucuoです」と名乗っていたわけではない。あくまでも私の推測であり、ひょっとしたら私の勘違いの可能性もある。

しかしながら、pucuoさんらしき人物は番組内でX JAPAN「紅」を歌っていた。X JAPANといえばpucuoさんのオハコであり、YouTube上にもX JAPANのいくつかの楽曲のカラオケ歌唱音声ファイルをアップロードしている。

なにより、あの独特としか言えぬ声質や歌唱時のクセなどを確認した結果、件の某バラエティ番組で歌を披露していたあの「彼」は、おそらく十中八九pucuoさんであろうと私は判断した。pucuoさんの大ファンである私が言うのだから間違いない。

ちなみに、pucuoさん自身は身バレすることは本意ではないかもしれないので、ここでは件の某バラエティ番組の名前は伏せておく。

どちらにせよ、私は、pucuoさんの歌声になんとも言いようのない「個性」や「魅力」を感じており、その証拠に、私は過去に、本ブログにて、pucuoさんの歌のその「素晴らしさ」についてあますところなく綴った記事を2度に渡って投稿してきた。

以下がそれらである。

上に挙げたリンク画像を確認しただけでお察しのことだろうが、まったくといっていいほど読者からの反応はなかった。

上の、はじめてpucuoさんのことを取り上げた記事では、同一のかたからブクマとさらにスターを2つ頂戴したが、2回目の記事では、ブックマークはおろかスターさえ付けられることはなかった。そして3回目となる今回もブックマークやスターが付くことはおそらくないだろう。

だがしかし、それがなんだというのか。

ブックマークだのスターだのが付かなくたってどうだっていい。

私はpucuoさんの歌声にとてつもない魅力を感じている。そのことを表明できればいいのだ。

そう。この記事は私のpucuoさんへのラブレターである。

万が一、なにかの間違いでこの記事を読んでしまったかたは、私の戯言など無視してくれてかまわない。そのかわり、下に挙げた音声ファイルを黙って再生していただきたい。そして、pucuoさんの歌声に酔いしれてほしい。ただただ、そう願うばかりだ。

帰ろうかな/THE BOOM

www.youtube.com

今回まず一曲目に紹介するのはブームのヒットナンバー「帰ろうかな」である。「♪帰ろーっかな、やめよーっかな」というお馴染みのリフレインを例によって暑苦しいくらいに魂を込めて熱唱するpucuoさんであり、「うん。とっととウチに帰ってクソして寝たほうがいいよ」と思わず言いたくなってしまう。最大の聴きどころは、やはり中盤と終盤で披露されるラップ(?)だろう。なにしろ超ノリノリである。「超ノリノリの人の歌を聴くのはこんなにも楽しいのか」と、私はpucuoさんから教えてもらった。

 

ひとり/ゴスペラーズ

www.youtube.com

こちらはゴスペラーズの誰もが知っているであろう大ヒット曲。裏声を使う部分ではかなり苦しそうだが、持ち前のハイトーンヴォイスを駆使してどうにか歌いきるpucuoさんの見事な歌唱に感動の念を禁じえない。3分18秒を過ぎたあたりから聴こえてくる「♪フゥゥゥゥウウウ~ナナナナナ~ナナ~」という獣の咆哮にも似た歌唱は、原曲を完璧にコピーしたものなのか、はたまた歌っている最中にpucuoさんの脳内から自然と湧き出てきたフェイクなのだろうか。私は原曲をちゃんと最後まで聴いたことがないのでよく知らないが、いずれにせよ、こんな代物を堂々と億面もなく世界中に向けてアップロードしているんだからすごいと言うしかない。

 

Jaded/Aerosmith

www.youtube.com

長年の活動に終止符を打つべく来年には「さよならツアー」が計画されているらしいエアロスミスの2001年にリリースされたヒットシングル。英語が不慣れなためか発音がじつにたどたどしいし、ピッチも不安定で、お世辞にもお上手ですねとはいえない出来である。それでもついつい最後まで聴き入ってしまうのがpucuoさんの歌のすごいところだ。

 

愛をとりもどせ!!クリスタルキング

www.youtube.com

冒頭の「youはshock!」の歌声が本物とそっくりで笑った。微妙にエコーがかかっているふうなのも本物っぽくってさらに笑った。完全に「出オチ」の一曲である。

 

愛 Know マジック/米米CLUB

www.youtube.com

またしても超ノリノリである。なにしろイントロからいきなりの「ホォォォォウ!!!」だ。完全に悦に入っている様子で、ドヤ顔で歌っているpucuoさんが目に浮かぶようである。カールスモーキー石井というよりはもはや木梨憲武のモノマネになってしまっているのが最高に楽しい。これを聴いたら「死のう」なんて欝な気分も霧散するに違いない。

 

以上である。

ちなみにpucuoさんは私が想像していたとおりの気の良さそうな青年だった。

某バラエティ番組に出ていた「彼」がほんとうにpucuoさんだったとしたら、この記事を万が一読んでしまったとしても、きっと笑って許してくれるに違いない。