芸能人の謝罪会見はいらない

ベッキーの不倫疑惑、DAIGOと北川景子の結婚、SMAP解散といった具合で、年明け早々からさまざまな芸能ニュースが世間を騒がせている。ここはブロガー界随一の芸能ご意見番としてやくみつるからも一目置かれているという妄想にとらわれている重度の精神病で365日脳内ワイドショー状態である私もなにがしかの意見を表明すべきところだろうが、残念ながらベッキーの不倫にもDAIGOと北川景子の結婚にもSMAP解散にもまったく興味がないので、とくにこれといって申し上げることはない。

とはいえ、ベッキーのあの謝罪会見を眺めていて、前々から疑問に感じていたことがふつふつと湧き上がった。

それは、

「そもそも、ああいう謝罪会見ってのは、いったい誰に向けて謝っているのか」

ということである。

 

f:id:tonchi-banchou:20160114212105j:plain

 

「世間様」に向けて謝っている。

まあ、おそらくそういうテイであの謝罪会見は執り行われたのだろう。

と同時に、下の記事で指摘されているように、CM契約している企業に向けての謝罪という側面も含まれていたのかもしれない。

news.livedoor.com

まあ、企業うんぬんに向けて謝罪するというのは意味としては理解できる。言うまでもなく商品広告を展開している会社にとってイメージというのは大事だろうからだ。

しかし、そんなもんはCM契約している企業にベッキーが直接出向いて謝罪すればいいだけの話だろう。それが、なぜあんなふうにテレビカメラを従えて衆人監視の中、謝罪の場を設けられなければならなかったのか。さっぱり意味がわからない。

では、「世間様」に向けての謝罪という意味ではどうか。これもわからない。というのも、ベッキーからすれば正真正銘「世間様」の立場であるはずの私であるが、あんなふうに彼女に謝っていただく理由などどこにもないからだ。

たとえば、

バンドのコンサートを観に行く→演者が奏でる音楽に身を任せて気持ちよく踊っているところに突然、屁の匂いが漂ってきた→猛烈に臭い→位置的に考えて犯人は目の前にいる奴に違いない→くせえ屁をしやがって、どんなツラしてやがんだ→前にいる奴の顔を確認する→ベッキーだった→謝れ!

これだったら全然わかる。

実際、私は過去に観覧しに行った音楽のコンサートで客の屁の匂いを強制的にかがされたことが幾度となくあり、そのたびに屈辱的な思いをさせられてきたからだ。 

仮にベッキーがこのような犯罪的行為を行っていたとしたら、そのせいで不快な思いをすることになったコンサート会場内の人々に向けて、ぜひ謝罪会見を開いていただきたい。

だが、今回、問題となっているのは、ベッキーがゲスなんとかというバンドのヴォーカルの人と不適切な関係を持ったことである。もしもベッキーが謝らなければならない相手がいるとすれば、それは先にあげたCM契約している企業であり、またベッキーが所属している芸能事務所であり、なによりゲス氏の奥様ならびにそのご家族の方々であろう。ベッキーと個人的な繋がりなどなく、鼻くそほじりながらテレビを眺めている私のような「世間様たち」に謝らなければならない理由はどこにもないのだ。

ベッキーとがゲスの人が不適切な関係をもったせいで、貰えるはずの年金の支給額が減ってしまったご老人がいるだろうか。ベッキーとゲスの人が夜の反則行為を行ったがために、完治不可能な難病に侵されてしまった少年が存在するだろうか。

たぶん、というか、そんな奴は絶対にいないのである。

むしろ、ベッキーが話題を提供してくれたおかげで、以前から気になっていた同僚の女の子とワイドショートークで思いのほか盛り上がり、結果的にその女の子と付き合うことになった、なんていう人がいるかもしれないし、ベッキーが不倫してくれたおかげで芸能界に憧れを抱き、今現在、夢に向かって走り出した、なんていう人だっているかもしれないではないか。

結論。芸能人の謝罪会見は必要ない。

「いや、ダメだ。やっぱり直接の謝罪が必要だ」

と、ご納得できない「世間様」がもしいらっしゃるのなら、幸いいまはインターネットという便利な代物があるのだから、芸能人の皆さんは己が運営しているブログだのツイッターだのに、「世間様」に向けての謝罪文を掲載すればいい。謝罪している模様をスマホかなんかで撮影し、それをYouTubeにアップする、なんていうのもいいだろう。

「謝罪映像をDVDにして発売する」

というのもいいかもしれない。

なにしろ謝罪している画を金を払ってまで見ているのだから、もしそのDVDに映っている芸能人、たとえばベッキーの謝罪態度が気に食わなければ、購入者は文句を言う権利はいくらだってある。

そこで「ベッキー謝罪DVD第2弾、緊急発売」である。

特典映像には、「謝罪本番」に向けてのリハーサル映像付きだ。

さらに初回盤特典として、ゲスの人の音声解説も付いてくるぞ。

しかしまあ、いろいろ芸能ニュースがあったせいか、もはや遥か昔のように感じてしまうが、ショックだったのはキンコメの人の逮捕だよ。

ファンだったのになあ。キンコメのDVD、全部持ってるし。

本当に残念だ。でも、謝罪会見はいらない。