読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ書きにとって快活CLUBを利用するメリットをまとめてみた

ちょっと前に快活CLUBというマンガ喫茶にはじめて行ってみた的な記事を書いたが、以降、すっかりはまってしまい、今ではブログを更新するとなると仕事帰りに快活CLUBに足を運ぶのがほぼお決まりとなっている。 ちなみに以前は家のパソコンでブログを書いてい…

「ミカンの白い薄皮をきれいさっぱり取る方法」を知ってどう「悪用」すればいいのか?『決定版! 悪用禁止! 悪知恵』(日本博学研究所)

先日、コンビニで買い物をしていたら一冊の本が目に留まった。 『決定版! 悪用禁止! 悪知恵』なるタイトルの本だ。 表紙の下のほうには 「金儲け、恋愛、生活で使える禁断の裏テク&激ヤバ情報大公開!!!」 という刺激的なコピーが躍っている。 こんな本を誰も…

【第3回】はじめて○○へ行ってみた「イオンの占いのアリーナ館」

本ブログの推定総読者5人中2人が楽しみにしているであろう超人気コーナー「はじめて○○へ行ってみた」であるが、初回の漫画喫茶、2回目のひとカラの記事を投稿した現在、早くも雲行きが怪しい状況になってしまっている。 そもそも俺は好奇心旺盛な人間じゃな…

【第4回】ブックオフのCD280円棚でよく見かけるオススメ洋楽アルバムを紹介してみる

「なんか自分、音楽好きを謳っているわりに最近の音楽ぜんぜん聴いてなくね?」 って、こないだふと気づいてしまったのです。 「音楽の趣味がまるっきりおっさんじゃねえか!」と。 まあ、年齢的におもいっきりおっさんなので当然といえば当然の話なのですが…

映画『クラーケンフィールド HAKAISHIN』‐イカとウエンツ瑛士とコテコテな悪党と悲惨なブスが観たい人に超おすすめ‐

今週のお題「映画の夏」 「映画=夏」といえば海系パニックホラーと相場は決まっている。 早速、トルネに大量に保存されている未視聴の映画を確認してみるとそれらしいモノをいくつか発見。 『クラーケンフィールド HAKAISHIN』という映画を観ることにした。…

映画『60セカンズ』‐ほとんどマンガな映画。だがそれがいい‐

まことに申し訳ございませんが最近巷で流行っているらしいポケモンGOなるものに俺はいっさい興味がない。 まずそもそもゲーム自体に興味がない。というかそれ以前にガラケーなのでポケモンGOを仮にいますぐやりたいと思っても出来ないし、大体からしてポケモ…

【第14回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる

はじめて漫画喫茶へ行ってきただの、はじめてヒトカラしにいってほぼ2時間ノンストップで歌いまくってきただの、めずらしくアクティブに過ごした反動からか、ここ数日間やる気が著しく減退してしまい、またしても更新が滞ってしまった。 とはいえ、このブロ…

【第2回】はじめて○○へ行ってみた「2時間ノンストップひとりカラオケ」

第2回目となる「はじめて○○へ行ってみた」であるが、先日「ひとりカラオケ」略して「ヒトカラ」にはじめて行ってきたのでその詳細をレポしてみようと思う。 「カラオケは何度も行ったことがあるけどヒトカラは勇気がなくてちょっと…」 という人間は多かろう…

【第1回】はじめて○○へ行ってみた「漫画喫茶」

俺はいい歳したおっさんなんです。おっさんなんですが、無駄に歳を重ねてきたくせに経験してないことがあまりにも多い。 というわけで、「はじめて○○へ行ってみた」と題して、行ったことがないところに行ってみてその体験レポ的なことを書いてみたいと思う。…

【第3回】ブックオフのCD280円棚でよく見かけるオススメ洋楽アルバムを紹介してみる

ブックオフの洋楽CD売り場へ行くと棚に入っているCDの配置がかなりいいかげんな状況になっていることにしばしば気づかされる。 たとえば、オアシスの『The Masterplan』というアルバムがあるが、「Oasis」なんで当然「O」の棚のところに入っているべきなのに…

CDを愛している

nme-jp.com 俺はCDが好きだ。 なにしろあのまんまるい形がいい。 いや、ごめん、嘘。べつに丸いのはどうでもいい。 なんなら、四角でも三角でもひし形だったりしていてもかまわん。 とにかくCDを購入してこそ「音楽を手に入れた」という満足感に浸ることがで…

【第2回】ブックオフのCD280円棚でよく見かけるオススメ洋楽アルバムを紹介してみる

気が向いたので前に書いた「ブックオフのCD280円棚でよく見かけるオススメ洋楽アルバムを紹介してみる」の第2弾を書いてみようと思います。 ちなみに前回の記事はこちら↓ 今回選んだCDも、元ロキノン信者のオッサンであるのが丸わかりなチョイスとなってし…

【第13回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる

今回もこのブログのシリーズ記事である「iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる」でして、本日で第13回目となります。 これまでに私のiPodに入っている私の好きな曲・計67曲を晒し語ってきたわけですが、そろそろ「ミュージシャンかぶり」が目立つよ…

映画『ブレイクアウト』‐ブロンソンが愛される理由がなんとなくわかった気がした‐

今回鑑賞したチャールズ・ブロンソン主演の『ブレイクアウト』であるが、アマゾンのレビューに目を通してみたところ、「本作はB級映画である」と、褒め言葉として書かれているかたが数名いらっしゃった。 たしかにストーリーは良くも悪くもB級映画特有の無茶…

映画『ワールド・ウォーZ』‐この内容なら、『ブラピVSゾンビ』、もしくは『BP(ブラッド・ピット)VS Z(ゾンビ)』というタイトルにしたほうがわかりやすくて良かったんじゃないか?‐

『ワールド・ウォーZ』の「Z」ってなんだろう? 『ワールド・ウォー』ってだけじゃなんかさびしいから、とりあえず「Z」って付けたのかな。「オロナミンC」とか「リポビタンD」みたいなノリで。 って想像してたのだが、「Z」=「ゾンビ」ってことだったんです…

【第12回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる

さて、「iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる」第12回目であるが、今回はいつものぐだぐだと長ったらしい前置きをはぶいて書いてみようと思う。 とにかくシンプルに書きたい。 いまはそんな気分だからだ。 人間関係もできればシンプルにやって行き…

騒音トラブルにおすすめ。ソニーのノイズキャンセリングイヤホン「MDR-EX750NA」

今週のお題「マイベスト家電」 ここ2~3週間のあいだにさまざまな問題が発生しかなり精神的に参っていたが、ようやくある程度、落ち着いた感じになってきた。 とくに精神的に消耗させられたのが上の住人による騒音だった。 「ドガンドガンドガン!!!!!!!!!!!!…

【第11回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる

なんだかやたらと忙しい日々を送っている。忙しいがブログを書きたい気持ちになった。忙しいのに書きたくなるということは、ブログを書くことがそれなりにガス抜きになっているということだろうか。だとしたら、愚にもつかないブログであるが、それだけでも…

今までいろんなミュージシャンのライブを観に行ったが、「本気で夢中になって楽しめた」ことがあんまりない理由

どうでもいいような日々がだらだらと続く…それが、日常というものである。 まあ、中にはどこかの国の大統領のように「毎日、刺激にあふれる生活をしている」という人もいるだろう。「大勢の美女を侍させてパーティ三昧の日々を送っている」とか、あるいは、…

ラッシャー板前になりそこねた男

こんばんは、ラッシャー板前です。 そう、じつはなにを隠そう、俺は、ラッシャー板前なのである。 いや、正確に言えば「ラッシャー板前になりそこねた男」だ。 つまり、「ラッシャー板前のようでいてラッシャー板前ではない男」なのだ。 なにを言ってるのか…

【第10回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる

生活上のちょっとしたトラブルが発生し精神的にかなり落ちていたせいでブログの更新がだいぶ滞ってしまった。何者かにマイ・バイクをサラダ油まみれにされるというおまけまでついたのは前回の記事で書いたとおりである。 ここでブログを書くようになってから…

俺のバイクがめちゃくちゃにされた

びっくりした。 数日前、いつものように出勤するためアパートの外に出たら俺のバイクがどえらいことになっていた。 びしょびしょじゃないか。 前の日に雨が降っていたわけではないし、今だって降ってない。なのに、なぜかびしょびしょなのである。 近くに行…

おまえのAVは預かった。早く引取りに来い。

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」 ゴールデンウィーク真っ只中のある日、友人のA君と会うことになった。 A君は2年前に結婚、その後、子宝にも恵まれた。独り身の俺とは違ってなにかと忙しく、当然独身時代のように自由がきかない。また、俺が住んでいる…

なんかしらんけどはじめて白人に勝ったような気がした話

やっぱり白人コンプレックスってのが付いてまわるもんじゃないですか、日本人て。 まあ、コンプレックスっていうほど大袈裟なもんじゃないのかもしれない。 にしても、思うわけですよ。ハリウッド映画とか観てると。 「こいつら背でっけえなあ」とか。「足な…

【第1回】ブックオフのCD280円棚でよく見かけるオススメ洋楽アルバムを紹介してみる

toyokeizai.net 「ブックオフ、2004年の上場以来初の営業赤字! よくわからんけどやばいのか、ブックオフ?!」 ということで、今回は、なにかっちゃあればブックオフに中古CD・DVD・古本漁りに行く私であり、かつまた、昔ブックオフの都内某店舗にてアルバ…

街で偶然、有名人を見かけても、大人の嗜みとしてノンリアクションでいたい

インターネットが普及したことによってしばしば問題になるのが、芸能(著名)人のプライバシーが侵害されていることである。 ある日、街を歩いている時にテレビによく出ている有名タレントに遭遇、その姿をタレント本人の許可なくこっそりスマホなどでパチリ…

「コーセー」のCMほど私に不快感を与えてくれるモノはない

テレビ番組の合間に流される、いわゆる「CM」の世界では、世間的に好感度の高いタレントを起用することが重要視されているようだが、私にはこれがさっぱり理解できない。 たとえば、どこかの企業で誰にとっても有益かつ便利である最高の商品が開発されたとす…

「飛出し注意」って訴えるんだったらそれ相応の顔をしろよ、という話

道路脇などで目にすることがある以下のような看板の話なんですけど。 たしかみうらじゅんが昔ネタにしてましたけど、問題はイラストになっている男性のこの表情なんですよ。 「飛出し注意」 という言葉とは裏腹に危機感がまったく伝わってこないんです。 「…

「あぶないからはいってはいけません!」って訴えるんだったらそれ相応の顔をしろよ、という話

工事現場などで目にすることがある以下のような看板の話なんですけど。 たしか昔のダウンタウンのコントでもネタになってましたけど、問題はイラストになっている男性のこの表情なんですよ。 「あぶないからはいってはいけません!」 という言葉とは裏腹に危…

【第9回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる

前回、ぽっくんが読んでいた音楽雑誌を振り返る的な記事を書いたが、そういえば『スヌーザー』という雑誌があったこともすっかり忘れていた。 snoozer (スヌーザー) 2006年 08月号 [雑誌] 出版社/メーカー: リトル・モア 発売日: 2006/06/29 メディア: 雑誌 …

『ワッツイン』休刊。こんな音楽雑誌(洋楽雑誌)を私は読みたい。

今週のお題「卒業」 音楽雑誌の『ワッツイン』が2016年4月号をもって休刊となるらしい。 natalie.mu 『ワッツイン』といや、かつて『ワッツイン・エス』という姉妹雑誌もあったはずで、あちらのほうはたしか洋楽をメインに扱った雑誌だったと記憶している。…

「しくじり先生」亀田次男の回を見て、あらためて僕が亀田を好きになれない理由を考えてみた

ついこないだ放送されていた「しくじり先生」に亀田次男さんが出ていたので、なんとなく記念で随分前にべつのブログに書いた亀田さんの記事(加筆修正アリ)を転載いたします。「僕が亀田を好きになれない理由」というタイトルの記事です。 ちなみに「しくじ…

最近聴いた音楽(ジミヘン、スクービー・ドゥーの新譜、クーラ・シェイカーの新譜、ミレニウム)

読んでる? さて、今日は最近聴いた音楽の感想を書きたいと思う。 なんか気づいたら音楽の記事ばかりになっているのは、最近は家に帰ってくると音楽を聴いてばかりの日々であるからで、もちろんそれ以外にも、家ではメシを食ったり風呂に入ったりクソをたれ…

白鵬が671勝を達成したが、気になるのはジャイアンツの選手の「勝敗」である

昨日開催された大相撲春場所にて、こんな偉大な記録が達成されたらしい。 www.nikkansports.com 671勝である。ものすごい記録だ。 白鵬といえば63連勝の記録も持っている。もちろん、こちらも前人未到の大記録である。当時ニュースでも大々的に報道されてい…

リアム・ギャラガー引退か? リアムの最高のヴォーカルを聴くことができるオアシスの『ディフィニットゥリー・メイビー』について

ビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーティンが亡くなってしまった。 nme-jp.com 享年90歳。 あまりにビッグな人物なので俺から取り立てて言えるようなことはない。 ただ、プロデューサーの重要性が認知されるようになったのはジョージ・マーティンの…

【第8回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる

YouTubeに多数の歌唱音声をアップロードしているカリスマカラオケアーティストのpukuoさんについて書いたエントリーを2日前に投稿したが笑えることに読者からの反応がゼロである。ブックマークはおろかスターもひとつも付いてない。 もちろんこれは俺の書い…

続・YouTubeの「○○を歌ってみた」の人

ひさしぶりにpucuoさんのことを書いてみようと思う。 「pucuoさんって誰?」 という疑問を持たれた方のために説明すると、pucuoさんとは、YouTubeにさまざまな動画というか音声をアップロードしている人のことである。 どういう内容の音声であるかというと、…

洋楽ミュージシャンの逸話・エピソードをまとめてみた(その2)

前回に続いて洋楽ミュージシャンの逸話・エピソードをまとめた記事を書いてみようと思う。 もちろん前回と同様、たいした話は一切ない。いずれもそのミュージシャンの音楽を聴く上で知らなくてもまったく問題のないエピソードである。 しかし、こういう地味…

洋楽ミュージシャンの逸話・エピソードをまとめてみた

普段、映画や音楽についてネットで検索することが多いが、大概トップにウィキペディアの該当ページがヒットするので、時間を忘れてついつい読み込んでしまう。 ウィキペディアといえば、よく知られているとおり誰でも情報を書き込むことが出来るサービスだ。…

【第7回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる

ひさびさに「iPodをシャッフル~」の記事を書いてみようと思う。前回からだいぶ間が空いてしまったのはなかなか気が乗らなかったというか、ぶっちゃけめんどくさかったからだ。 しかし、素人ブログのイイところは締切とかがないところだ。これが一日に何千・…

年を取って理解できるようになった音楽と、いまだ理解できない音楽

もはや怒りを通り越してただただ嘆かわしいと感じるばかりだ。昨今のネット民を中心とした、芸能人などのある特定の人物を指して「劣化した」と表現することに対して、である。 ハゲただの太っただの顔に皺が目立つようになっただの、これらを総じて「劣化し…

映画『エアフォース・ワン』‐超人ハリソン・フォード-

知人のM君は自他共に認める映画好きの人間である。ハリウッド製映画を中心に、アクション、サスペンス、SF、ホラーなどに加え、『男はつらいよ』のファンでもあり、果ては竹内力の代表作『ミナミの帝王』まで、さまざまなジャンルの作品を新旧メジャーマイナ…

映画『ノーマーシィ 非情の愛』‐キム・ベイシンガーとリチャード・ギアの共演作。けっしてオアシズの大久保さんと照英が共演している作品ではない‐

前々からどうも釈然としない部分を感じていた。どの映画に出ていてもやたらといい女扱いされているキム・ベイシンガーに対してである。 いや、たしかにお綺麗な女優さんである。間違ってもブスではない。 しかし、どうも腑に落ちない。違和感が残る。一体、…

芸能人の謝罪会見はいらない

ベッキーの不倫疑惑、DAIGOと北川景子の結婚、SMAP解散といった具合で、年明け早々からさまざまな芸能ニュースが世間を騒がせている。ここはブロガー界随一の芸能ご意見番としてやくみつるからも一目置かれているという妄想にとらわれている重度の精神病で36…

映画『乱気流/タービュランス』‐人がバンバン死ぬからこそ楽しい‐

前に『水曜日のダウンタウン』を見ていたら、「蛭子能収を超えるクズ、そうそういない説」というのがやっていた。 漫画家の蛭子さんが過去に起こした数々のとんでもない行動を「クズエピソード」として紹介するというもので、「感動シーンで爆笑」「妻の死の…

【第6回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる(年末特別編)

己のiPodに入っている楽曲をシャッフルし出てきた5曲放送大学なみに大真面目に語る毎度お馴染みの企画の第6回目であるが、前回残りが1587曲となっていたはずだがなんのかんのでまた曲が増えてあと1606曲になってしまった。 まあ。終わらない。 少なくともい…

「必要とされる乳首」があれば、「必要とされない乳首」だって存在する

ハリウッド映画を観ていると、あちらの女優さんというのはもう、本当に「乳首を出しているなあ」ということに気づかされる。 ベッドシーンなんてのがあれば、あちらの女優さんはそれこそ十中八九、出しているのではないか。乳首。 シャーリーズ・セロンもメ…

ライブ(とくに海外ミュージシャンの場合)は少しでも気になったら観に行くべき、という話

ロックを中心に音楽は洋楽・邦楽問わずまんべんなく聴いているつもりだ。 「洋楽聴いている俺、カッコいい」 などと悦に入る、なんてのは、洋楽リスナーなら誰しもが経験したことがあるだろうし、私自身、洋楽聴き始めの若い頃には、そんなふうに得意げな気…

【第5回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる

今回で5回目になる「iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる」であるが、ひとつ心配なことがある。 それは、 「なにコイツ自分の音楽の趣味晒して悦に入ってんの? 馬鹿じゃね?」 というふうに見られているんじゃないかということだ。 違う。断じてそ…

【第4回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる

さて、「iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる」第4回目であるが、いやこんな個人の趣味を垂れ流す記事を書いて本当にいいのだろうか、と、いまだに躊躇している。 音楽の記事を書くにしても、多くのブログ書きがやっているような、「○○な音楽 オス…