読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近聴いた音楽(アル・クーパー、ポール・マッカートニー&ウイングス、デリンジャー・エスケイプ・プラン、小島麻由美)

いろいろあってちょっと元気がないのですが私は大の音楽好きの人間なのであって私を景気づけるために最近聴いた音楽の話でもしようと思いますので、本日は何卒よろしくお願いいたしますというか、なにを何卒よろしくお願いしているのか自分でもよくわかりま…

【私的エレカシ黄金期】『俺の道』(2003)から『町を見下ろす丘』(2006)までについて

年始に行われたエレカシの武道館ライブを観に行って以来、ひさしぶりにエレカシ熱が俺の中で再燃している。 基本的に物持ちの悪い俺だがライブのチケットはちゃんとファイリングしてあるので、 「エレカシ前回いつごろ観に行ったっけかな」 と何気に思って調…

【第4回】ブックオフのCD280円棚でよく見かけるオススメ洋楽アルバムを紹介してみる

「なんか自分、音楽好きを謳っているわりに最近の音楽ぜんぜん聴いてなくね?」 って、こないだふと気づいてしまったのです。 「音楽の趣味がまるっきりおっさんじゃねえか!」と。 まあ、年齢的におもいっきりおっさんなので当然といえば当然の話なのですが…

【第3回】ブックオフのCD280円棚でよく見かけるオススメ洋楽アルバムを紹介してみる

ブックオフの洋楽CD売り場へ行くと棚に入っているCDの配置がかなりいいかげんな状況になっていることにしばしば気づかされる。 たとえば、オアシスの『The Masterplan』というアルバムがあるが、「Oasis」なんで当然「O」の棚のところに入っているべきなのに…

【第2回】ブックオフのCD280円棚でよく見かけるオススメ洋楽アルバムを紹介してみる

気が向いたので前に書いた「ブックオフのCD280円棚でよく見かけるオススメ洋楽アルバムを紹介してみる」の第2弾を書いてみようと思います。 ちなみに前回の記事はこちら↓ 今回選んだCDも、元ロキノン信者のオッサンであるのが丸わかりなチョイスとなってし…

【第1回】ブックオフのCD280円棚でよく見かけるオススメ洋楽アルバムを紹介してみる

toyokeizai.net 「ブックオフ、2004年の上場以来初の営業赤字! よくわからんけどやばいのか、ブックオフ?!」 ということで、今回は、なにかっちゃあればブックオフに中古CD・DVD・古本漁りに行く私であり、かつまた、昔ブックオフの都内某店舗にてアルバ…

最近聴いた音楽(ジミヘン、スクービー・ドゥーの新譜、クーラ・シェイカーの新譜、ミレニウム)

読んでる? さて、今日は最近聴いた音楽の感想を書きたいと思う。 なんか気づいたら音楽の記事ばかりになっているのは、最近は家に帰ってくると音楽を聴いてばかりの日々であるからで、もちろんそれ以外にも、家ではメシを食ったり風呂に入ったりクソをたれ…

リアム・ギャラガー引退か? リアムの最高のヴォーカルを聴くことができるオアシスの『ディフィニットゥリー・メイビー』について

ビートルズのプロデューサー、ジョージ・マーティンが亡くなってしまった。 nme-jp.com 享年90歳。 あまりにビッグな人物なので俺から取り立てて言えるようなことはない。 ただ、プロデューサーの重要性が認知されるようになったのはジョージ・マーティンの…

キャンプ飯の定番→カレーorBBQ。なぜ、おでんじゃダメなのか

ケン「涼しい日々が続き季節の変わり目を感じる今日この頃だが、今回は夏を惜しみつつこんなアルバムを取り上げてみることにしてみたぞ」 マイク「なるほど。夏といやキャンプだしな。にしても、えらい盛り上がりようだな。むちゃくちゃ楽しそうじゃないか」…

CDレビュー:「追伸ロード第二章/THE虎舞竜」

ケン「高橋ジョージが最近ワイドショーを賑わしているらしいな」マイク「ああ、カミさんとの離婚騒動だな。まあ、まったく興味がないというのが正直なところだが、とにかくいろいろと大変そうだな」ジェーン「にしても、前々から素朴に感じていた疑問なんだ…

CDレビュー:「風間倶楽部/風間トオル」

ケン「今日は風間トオルのCDをレビューしたいと思うんだが、一言でいってこれはありえんな」マイク「ああ、さすがにこれはありえんよ。ふざけてるとしか言いようがないな」ジェーン「そもそも風間トオルがCDを出すこと自体がありえないわ」ケン「まあ、たし…

CDレビュー:『BAKUカラオケ集①』

今回レビューするCDは、『BAKUカラオケ集①』である。 まずは、オープニング・トラックの「ぞうきん」からレビュー。 基本的には元気なパンク・ロックといった感じだが、メロディ構成がかなり複雑であり、これを完璧に歌いこなすとなれば相当の修練が必要だろ…

CDレビュー:「VERY BEST OF HIKARU/西田ひかる」

Hello! アタシ、ひかる。 というわけで、今日はこの『VERY BEST OF HIKARU』がいかに素晴らしい作品かっていうのをアタシ自身の口でお前らに説明してやろうってわけなの。それじゃいい? はじめるわよ。 もちろん『VERY BEST~』なんて書いてあるくらいだか…

CDレビュー:『加納典明のROCK延髄斬』(ハードロック&ヘヴィメタ編②)‐あのテンメイがCDを出していた。ただし、内容は…

やけに自信満々な様子の加納典明氏(以下、テンメイ)が鋭い睨みを利かすジャケットの本作品。 とはいえ、本アルバムにはテンメイが作詞作曲した楽曲が収録されているわけではありません。 それでは典明がその類稀なる美声、ないしはX JAPANのToshiばりの高…

CDレビュー:「いくつもの夜を超えて/明石家さんま」‐さんまの歌は本当にすごかった

「さんまの歌がすごいらしい」 という話は私もかねがねうかがっていたし、実際これまでにもテレビなどで断片的に耳にしたことはあった。だが、ひとつの作品としてこうしてじっくり耳を傾けたいまとなっては、「まさかこれほどまでとは…」と、その奇跡的とす…

CDレビュー:『西部警察PARTⅠVol.1~コンクリートウエスタン・みんな誰かを愛している』‐「やさしい歌声」を一切聴くことができないオリジナル・サウンド・トラック

戦後の輝ける大スター・石原裕次郎、及び、彼の率いる「石原軍団」を主要キャストに起用し、刑事ドラマの金字塔としてその名を日本全土に轟かせた『西部警察』。本作はその劇中で使用された音源を収録したサウンドトラック盤なのだが、中身の音源に触れる前…

CDレビュー:『プロレス紅白』‐「マッチョドラゴン」で逝こう

格闘音楽大全プロレスQ第5回 プロレス紅白 アーティスト: プロレス,コント赤信号,阿修羅・原,Jungle Jack,ストロング金剛,クラッシュギャルズ,長州力,ビューティ・ペア,東京ソフィア混声合唱団,ファイヤージェッツ,ゲイスターズ・プラス・アルファ 出版社/メ…