映画

最近観た映画・その2

昨日投稿した記事の続き。 最近観た映画の感想をつらつらと書いてみようと思います。 ●『イット』 イット [Blu-ray] 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 発売日: 2016/10/12 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る 最…

最近観た映画・その1

盆休みは家にひきこもって映画ばかり観ているので観た映画の感想でも書いてみようと思う。 長い文章を書く気力はないので感想は短めで。 たいした内容の感想ではありませんが、物好きな人は読んでみたらいいんじゃないでしょうか。 ●『サイレント・ワールド…

映画『ソーラー・ストライク』-出来ればこの映画を観たことも「なかったこと」にしてしまいたい-

少し前に『ソーラー・ストライク2013』というバカ映画の感想を書いたが、今回取り上げるのは『ソーラー・ストライク』というタイトルの映画である。おそらく、シリーズの記念すべき第一作目であろうと思われる作品だ。 ソーラー・ストライク [DVD] 出版社/メ…

2018年7月の消化物(音楽、映画)

もうそろそろ今月も終わりそうなので音楽とか映画とかの感想を2ケ月ぶりに書いてみたらいいんじゃないかなという結論に至ったので書いてみようと思います。 【音楽】宇多田ヒカル『初恋』 初恋 アーティスト: 宇多田ヒカル 出版社/メーカー: ERJ 発売日: 201…

映画『コロンビアーナ』-「いい顔」した悪党どもが大集合していた-

マフィアの家庭で育った少女が、ある日、手を組んでいたべつのマフィア一味に裏切られ両親を無残にも目の前で殺される。やがておとなになりプロの殺し屋となった彼女は両親の命を奪ったマフィア一味への復讐を企てる…というストーリー。 なんだか散々観たこ…

映画『ソーラー・ストライク2013』‐バカ度が足りないバカ映画‐

『ソーラー・ストライク2013』は近未来を描いたディザスタームービーであった。そして紛れもないバカ映画であった。 ソーラー・ストライク2013【完全版】 [DVD] 出版社/メーカー: アルバトロス 発売日: 2013/09/04 メディア: DVD この商品を含むブログ (1件)…

映画『ザ・ターゲット』‐Q.「獣神サンダー・ライガーの正体は?」A.「山田だろ!」的な謎かけ‐

チャーリー・シーン、リンダ・ハミルトン、ドナルド・サザーランドという、なんとも暑苦しい、もとい、そこそこ豪華なメンツが揃った『ザ・ターゲット』を観た。 ザ・ターゲット [DVD] 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ 発売日: 2003/07/24 メディ…

2018年5月の消化物(音楽、映画)

どこに需要があるのかわかりませんがひさしぶりに音楽とか映画のことをまとめて書いてみようと思います。 【音楽】Indus&Rocks『謎のIndus&Rocksの謎』 謎のIndus&Rocksの謎 アーティスト: Indus&Rocks 出版社/メーカー: 次郎企画 発売日: 2012/05/09 メディ…

映画『サボタージュ』‐「コントのような死に様」を観たい人は日本語吹き替え版での鑑賞を推奨したい‐

『サボタージュ』は4年前に公開された作品とのことだが、いつのまにかシュワちゃんがすっかり老けてて驚いた。 おじいちゃんだよ。 サボタージュ スペシャル・プライス [Blu-ray] 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D) 発売日: 2015/12/02 メディア: Blu-ray こ…

映画『フライト・ゲーム』‐プロレス映画に突っ込みを入れるのは野暮‐

リーアム・ニーソン主演の『フライト・ゲーム』つう映画がこないだテレビでやってたんで観たが、やっぱりいつものリーアムおじさんだった。 フライト・ゲーム スペシャル・プライス [Blu-ray] 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D) 発売日: 2015/12/02 メディア…

映画『ザ・ハンティング』‐喧嘩を売るならまず相手をよく考えるべきである‐

さて、録画しておいた午後ロー放送の『ザ・ハンティング』なる映画をこないだ観たので感想を書きたいと思うが、まずは例え話をしたい。 仮の話だ。貴方が銀行強盗を企てたとしよう。 で、決行日、銀行に入り拳銃を窓口の行員に突きつけ 「死にたくなかったら…

映画『アベンジャーズ』-とりあえずアイアンマンがかっこいいが、キャプテン・アメリカの「破壊力」がすごすぎた-

なんだか正月らしくめでたい気分になれそうな映画を観たいなってことで『アベンジャーズ』を鑑賞した。 アベンジャーズ DVD+ブルーレイセット [Blu-ray] 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 発売日: 2012/12/19 メディア: Blu-ray 購…

2017年12月の消化物(音楽、本、映画)

メリークリなんとかという謎のイベントもようやく過ぎ去りいよいよ今年も終わりが近づいてきた。というわけで、今年最後となる「今月の消化物」を書いておこうと思う。 ●【音楽】ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ『Who Built the Moon?』 フ…

映画『ブロークン・アロー』‐もういっそのことトランプもカリアゲの人に「ボクシングで決着つけようぜ!」って言えばいいと思うよ‐

やたらと爆破シーンが多い映画である。 車にヘリに列車に、挙げ句の果てには洞窟もまるごと爆破、爆破、爆破のオンパレード。 いやあ、馬鹿だなあ。 戦争映画でもないのにこれだけ大量に爆破シーンがあるなんて、対抗できるとしたら『西部警察』か全盛期のFM…

映画『南極物語』‐この映画の犬たちのようにたくましくなりたい‐

冬だ。寒いよ。馬鹿野郎。 ってことで、わざわざ部屋の中でも寒い気分になってみようと思って観てみた。 『南極物語』という映画だ。 南極物語 [Blu-ray] 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 発売日: 2010/10/20 メディア: Blu-ray ク…

映画『レッドソニア』‐ファンタジー映画は「ああ、アホらし…」と思ったら負け‐

私はおもに洋画を好んで鑑賞する人間である。アクション、サスペンス、ホラー、SF、西部劇や、さらに戦争映画やらサメ映画やら、特定のジャンルに区切ることはせず、まんべんなく観ているつもりだ。 んが、あんまり手を付けていないジャンルもあるにはある。…

映画『バラキ』‐24歳の青年を演じるチャールズ・ブロンソンさん(※実年齢たぶん50か51歳)がすごすぎる‐

以前、午後ローで放送されていた『マジェスティック』なる映画をなんの気なしに観たらスイカに夢中なおっさんを演じているブロンソンがおもしろすぎて当ブログで記事にした。 gu-tara-tonchi.hatenablog.com んで、 「ひさしぶりにブロンソンの映画観たいな…

映画『エイリアン』‐幼い私にとって『エイリアン』とは「シガニー・ウィーバーが半ケツ姿を晒してくれる映画」だった‐

『エイリアン』をはじめて観たのは小学校低学年のころだろうか。 エイリアン [Blu-ray] 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP) 発売日: 2012/07/18 メディア: Blu-ray 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブ…

【第24回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる‐番外編「えっ?! この曲、あのミュージシャンが好きだったの?」的な曲4選‐

iPodが生産終了なんだってね。 ひと月まえぐらいにネットのニュースで見て知った。 一足先に生産が終了してしまっていたiPod Classicをいまでも愛用している自分からしてもじつに悲しいニュースである。 当ブログでは「iPodをシャッフルして出てきた5曲を語…

「アナル出てる映画」というワードで検索した人へ

昨晩、過去記事の修正のためはてなブログにアクセスし、ついでにアクセス解析の画面を眺めてみたら、どうやら当ブログが「アナル出てる映画」という検索ワードに引っかかっていたらしくびっくりした。 アナルが出てる映画のことを書いた覚えなんてまったくな…

映画「ベイビー・ドライバー」‐いくら主人公がかっちょよく見えても絶対にマネしないように!‐

www.youtube.com ジョンスペの「Bellbottoms」が爆音で流れる中、主人公が華麗なドライビングテクニックを披露するオープニングシークエンスを観ていたら思わず立ち上がって踊りだしたくなってしまった。 いやあ、かっちょいいよこれは。 クールである。スタ…

映画『殺しのドレス』‐「無駄」に情熱をかけて意味を与えている上質なサスペンス‐

個人的にフェイバリットな監督のひとりである巨匠ブライアン・デ・パルマの『殺しのドレス』であるが、はじめて観たときは唖然とした。 殺しのドレス (2枚組特別編) [DVD] 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 発売日:…

映画『リディック』‐「悪人なのにいいやつ」だっているのでは…?と夢見させてくれる映画‐

『リディック』というヴィン・ディーゼル主演のSF映画をこないだ観たのだが、以前にもヴィン・ディーゼルの主演作を一本観たはずなのに、なぜかタイトルも内容もまったく思い出せない。そればかりか一時期はジェイソン・ステイサムと人物的にごっちゃになっ…

映画『アウト・オブ・タイム』‐馬鹿は犯罪には向いてない‐

「まったく不毛なことだが、私の悪いクセは、外国のタレントを理解しようとするときに、『この人は日本でいえば誰なのか』と考えてしまうことだ」 と書いたのは在りし日のナンシー関であるが、前回の記事でウィル・スミスは日本でいったら福山雅治で、LL・ク…

映画『レッド・ウォーター/サメ地獄』‐ほかのキャラが濃すぎるせいで「サメ、いたっけ?」ってなった‐

『レッド・ウォーター/サメ地獄』っていうあきらかにB級っぽい映画を鑑賞したんです。 レッド・ウォーター サメ地獄 [DVD] 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 発売日: 2009/12/23 メディア: DVD クリック: 1回 この商品を含むブログ…

映画『ジョーズ4 復讐篇』‐はじめてサメに感情移入した‐

ちょっと前に午後ローで放送された『ジョーズ4 復讐篇』を録画してたんでこないだ観た。 ジョーズ4/復讐篇 [Blu-ray] 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 発売日: 2016/08/03 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る 映…

映画『キンダガートン・コップ2』‐TSUTAYAにあったのでなんとなく借りて観てみたらわかったこと‐

たとえばインド人だ。 我々はインド人といえば途端に「カレーが好きだ」と決めつけてしまう。 だが、それはほんとうに正しいのだろうか。 もちろんインド人にとってカレーが国民食であるということは私も知っている。ほんとうの話なのか知らないが、じっさい…

アマゾンの意味不明な映画のカスタマーレビュー

テレビで放送されている映画(主に午後ロー)はとりあえずかたっぱしから録画しているのだが全然観るペースが追い付いておらず、いいかげん外付けハードディスクの容量がやばくなってきたので、最近は家にいるときは大抵映画を鑑賞している。 先日は『アンノ…

映画『クリフハンガー』‐筋肉で万事解決、大正解な映画‐

『クリフハンガー』ってスタローンの映画ではわりと有名なほうに属する作品であろうと思われますが、今まで観たことありませんでした。そして観てもないのに私は四六時中いやらしいことばかり考えてるどうしようもない人間なので、つい「クンニフンガー」と…

2017年6月の消化物(映画、音楽、本)

今後はこの一か月の間に観たり聴いたり読んだりした映画・音楽・本などについて、単体の記事としてそれなりの長さの文章になりそうにない場合、メモ帳的に書き残していこうと思う。 題して「今月の消化物」だ。 なにぶんめんどくさがりやの人間なので、気分…