ライブ

【第19回】はじめて○○へ行ってみた「宇多田ヒカルのライブ」(2018年12月9日@幕張メッセ国際展示場9~11ホール)

『Ja, Zoo』という素晴らしいアルバムを制作している最中、まるでそれを置き土産にするように、突然、hideがこの世を去った。椎名林檎が1stシングル「幸福論」と2ndシングル「歌舞伎町の女王」を立て続けにリリースし、新世代の女性シンガーとしてサブカル系…

【第18回】はじめて○○へ行ってみた「椎名林檎のライブ」(2018年11月25日@さいたまスーパーアリーナ)

というわけで、こないだの日曜日に観に行ってきた。 デビュー20周年を記念したツアーのたまアリ最終公演である。 というか、「ライブ」っていうとちょっと違うな。 「エンターテインメントショウ」 うん。こっちだ。 まあなにしろ、なにからなにまで凝ってい…

鹿の一族×THE GURL@下北沢GARAGE(2018/11/14)

クソ仕事が無事滞りなく終わったのでいざ下北沢GARAGEへ。 鹿の一族×THE GURLの対バンライブである。 到着した時には開演時刻を少々過ぎてしまっていたので、ステージ上ではすでに先攻のTHE GURLの演奏がはじまっていた。 THE GURLは初見・初聴。リードギタ…

小島麻由美@モーション・ブルー・ヨコハマ(2018/11/1)

もはや「小島麻由美ファンブログ」か「小島麻由美大好きクラブ」というブログ名に改名したほうがいいのではないか状態の当ブログであるが、昨年に続いてモーション・ブルー・ヨコハマにて小島麻由美さんのライブが開催されるとのことで、まあ、観に行って来…

【第17回】はじめて〇〇へ行ってみた「勝手にウッドストック」

こないだの連休日に「勝手にウッドストック」というフェスにはじめて行ってきた。 「『勝手にウッドストック』なんて知らん」 という人のために簡単かつてきとーに説明すると、勝手にウッドストックとは、神奈川県相模湖畔、みの石滝キャンプ場で行われる音…

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ(サマーソニック東京2018@マリンステージ)2018/08/18

昨日はサマーソニック2018(千葉・幕張)を観に行ってきた。 というか、まあ、ちょっとした事情もあってノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのライブしか観ることができなかったわけですが。 現地に着いたのは18時半すぎで、マリンスタジアムの…

THE IDEAL AMPLIFIER HOLIDAY(鹿の一族、近藤智洋、無限放送)~2018年4月30日@下北沢CLUB Que

鹿の一族めあてで観に行ってきたので以下感想。 会場は下北沢CLUB Que。 ちなみに下北沢CLUB Queに足を運んだのははじめてだった。駅の南西出口から5分ほど歩いたところにファーストキッチンやウェンディーズが入っているビルがある。下北沢CLUB Queはそこの…

「〇〇メンバー」

昨日の夜は小島麻由美のライブを観に行った。 阿佐ヶ谷ロフトってはじめて行ったんだけど、商店街のアーケードのど真ん中にあるのですね。ちょっとびっくりした。 ライブは小島バンドではおなじみのフルート奏者・国吉静治氏が飛び入り参加するという嬉しい…

コンサート会場の手荷物検査で思うこと

私は音楽をこよなく愛している人間である。 音楽を愛しているのでミュージシャンのコンサートをよく観に行く。 コンサートを観に行くと会場によっては入場時に手荷物検査を受けねばならないことがある。 手荷物検査を受けるたびに私は思う。 「……意味ねえよ…

【第15回】はじめて○○へ行ってみた「下北沢lete(レテ)」(観たライブ:塚本功「新春スペシャル」ゲスト小島麻由美)~2018年1月5日

このブログを継続してご覧になってくださっている人がどれぐらいいるのかよくわかりませんが、また小島麻由美かよと言わんでほしい。 2年ぐらい前に急にはまって現在も絶賛どはまり中なのだ。 そして、なにかの間違いでこのブログをはじめてご覧になっている…

2017年10月の消化物(音楽)

まだ月末までに少し日にちがあるがやる気があるうちに先月休んでしまった「今月の消化物」を書いておこうと思う。 尚、今月は音楽についてのみ書く。 「おまえが普段聴いている音楽の感想文なんて興味ねえよ」 なんていう方は、私よりも音楽について詳しい情…

【第14回】はじめて○○へ行ってみた「SORA FES 空飛ぶ音楽祭」~2017/09/24

フジロックやサマーソニックなど、音楽好きとしてこれまでにいくつかのフェスを観覧しに行ったことがあるが、ここ数年はずっとご無沙汰だった私なのである。 なぜか。 ぶっちゃけ、以前のように 「よっしゃ、今年はフェスを観に行くぞ!」 という気力がどう…

【ライブ】リアム・ギャラガー@ZEPP TOKYO‐2017/08/17

いま俺は、ついさっきZEPP TOKYOで開催されたリアム・ギャラガーの来日公演を観終えた帰りに立ち寄った快活CLUBでこの作文を書いている。 ライブの内容にたいへん満足し、とんでもなくテンションが高まり、その熱い気持ちに乗せて、この作文を書いているので…

ミュージシャン別、ライブでの「お約束」5選

音楽好きにとってライブはビッグイベントである。 なにしろ好きなミュージシャンの姿を生で観られ演奏を聴くことができるのだ。楽しくないわけがないじゃないか。 事実、近年の音楽シーンはライブを観に行く人が増加傾向にあるとのことだ。一昔前に比べて音…

【第11回】はじめて○○へ行ってみた「ポール・マッカートニーのライブ」

ポール・マッカートニーのライブをはじめて観に行ってきたのである。 なにしろあのポール・マッカートニーである。人類が存在しているかぎり未来永劫語り継がれるであろう偉大なミュージシャンである。これまで私が観に行った中で間違いなくトップの存在の超…

【第9回】はじめて○○へ行ってみた「ビルボードライブ東京」(観たライブ:小島麻由美『JIVE! JIVE! JIVE!』)

前回の記事で書いたとおり、昨日、ビルボードライブ東京で開催された小島麻由美のライブを観に行ってきたのであって、今回はその詳細についてレポしてみようと思いますので本日は何卒よろしくお願いいたしますというか、なにを何卒よろしくお願いしているの…

【来日公演開催&チケット当選記念】ポール・マッカートニーのヴォーカル、ベース、ギター、ドラム、ピアノ、それぞれの名演を聴くことが出来るビートルズナンバーを一曲ずつ選んでみた

今朝、PCのメールを何気にチェックしてたら、ぴあから4月に東京ドームで開催されるポール・マッカートニーのライブチケットの当選を伝えるメールが届いていてびっくりした。 いや、たしかに数日前に申し込んでいた。当落通知のメールが来るのも当然だ。むし…

【私的エレカシ黄金期】『俺の道』(2003)から『町を見下ろす丘』(2006)までについて

年始に行われたエレカシの武道館ライブを観に行って以来、ひさしぶりにエレカシ熱が俺の中で再燃している。 基本的に物持ちの悪い俺だがライブのチケットはちゃんとファイリングしてあるので、 「エレカシ前回いつごろ観に行ったっけかな」 と何気に思って調…

店員がすこぶる不愛想な飯屋

俺がはじめてミュージシャンのライブを観に行ったのは1998年のことだ。日本武道館にて行われたオアシスの来日公演である。バンドのサードアルバム『ビィ・ヒア・ナウ』のツアーの一環で開催された来日公演だった。 ビィ・ヒア・ナウ デラックス・エディショ…

【第4回】はじめて○○へ行ってみた「小島麻由美のライブ」

今年は俺のお気に入りの海外ミュージシャンが続々来日公演を行う記念すべき年となった。 8月にはウィーザーが新木場スタジオコーストで来日公演を行った。同じ8月に開催されたサマソニのヘッドライナーとしてレディオヘッドもやってきた。10月にはプライマル…

今までいろんなミュージシャンのライブを観に行ったが、「本気で夢中になって楽しめた」ことがあんまりない理由

どうでもいいような日々がだらだらと続く…それが、日常というものである。 まあ、中にはどこかの国の大統領のように「毎日、刺激にあふれる生活をしている」という人もいるだろう。「大勢の美女を侍させてパーティ三昧の日々を送っている」とか、あるいは、…

なんかしらんけどはじめて白人に勝ったような気がした話

やっぱり白人コンプレックスってのが付いてまわるもんじゃないですか、日本人て。 まあ、コンプレックスっていうほど大袈裟なもんじゃないのかもしれない。 にしても、思うわけですよ。ハリウッド映画とか観てると。 「こいつら背でっけえなあ」とか。「足な…

ライブ(とくに海外ミュージシャンの場合)は少しでも気になったら観に行くべき、という話

ロックを中心に音楽は洋楽・邦楽問わずまんべんなく聴いているつもりだ。 「洋楽聴いている俺、カッコいい」 などと悦に入る、なんてのは、洋楽リスナーなら誰しもが経験したことがあるだろうし、私自身、洋楽聴き始めの若い頃には、そんなふうに得意げな気…

「ライブ→客の屁の匂いかがされる」という謎のシステム

ノエル・ギャラガー兄貴、現在絶賛来日公演中である。 このブログでもう何度も書いてて我ながらしつこいと思うが、私は武道館公演を観に行く。 早く観てええええええええええええええ!! のである。 ところで、ライブを観に行くとかなりのわりあいで客の屁…

私の記憶に残るライブ(バンド名は覚えていない)

子供のころ、『ダッシュ!四駆郎』という漫画が好きで夢中になって読んでいた。 ダッシュ!四駆郎 第1巻 (てんとう虫コミックス) 作者: 徳田ザウルス 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1988/05 メディア: 新書 この商品を含むブログ (4件) を見る 当時の子供…

レッチリに説教を喰らった

チェイシング・イエスタデイ(初回生産限定盤) アーティスト: ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ 出版社/メーカー: SMJ 発売日: 2015/02/25 メディア: CD この商品を含むブログ (4件) を見る いよいよ来月にはノエル・ギャラガー兄貴の来日公演…

はじめてのライブハウス講座

新年も半月ほど過ぎた。成人式も終わり、いよいよ春の到来だ。そして、慣れ親しんだ母校との別れを控える若者どもにとっては、同時に、入学式、入社式といった「デビュー」を控える時期である。さぞかし期待と緊張が入り混じった心持ちで新年を過ごしている…