今月の消化物(2017年6月ぶん)

今後はこの一か月の間に観たり聴いたり読んだりした映画・音楽・本などについて、単体の記事としてそれなりの長さの文章になりそうにない場合、メモ帳的に書き残していこうと思う。 題して「今月の消化物」だ。 なにぶんめんどくさがりやの人間なので、気分…

俺のブログがうまくいかないのは夏のせい

夏が苦手なんです。 なぜか。 暑いからだ。 暑さがやる気を著しく減退させる。 冬はまだいい。 外にいてもある程度の寒さだったら衣服を着込めば凌げるし、また、身体を動かすことで体温の上昇を図ることだってできる。 では、夏はどうか。 いくら暑いからと…

映画『レイク・プラシッド3』‐アホな連中とCGまるだしの巨大ワニと悲惨なデブを観たい人に超おすすめ‐

夏だ。暑いよ。馬鹿野郎。 ってことで夏といえば海洋ホラーなので観た。 『レイク・プラシッド3』という映画だ。 U.M.A.レイク・プラシッド3 [DVD] 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 発売日: 2011/01/12 メディア: DVD クリック: 1…

映画『ダブル・ジョパディー』‐プリケツとドジなトミー・リー・ジョーンズとツッコミが好きな人に超おすすめ‐

www.youtube.com 夫殺しという無実の罪で刑務所に投獄された主婦が6年の刑期を終え仮釈放中に事件の真相を探るため七転八倒するミステリー映画……と、とりあえず書いてみたが、そもそもこれをミステリーと言っていいのだろうか。とにかく突っ込みどころが多す…

鼻毛のせいで思い出した話

3つ前のエントリーで鼻毛に関するものすごくどうでもいい話を書きましたが、 「ハッ! そういえば……」 今日の昼休み、ハタと思い出したのです。 いつかの休日のこと。 私は街中をホテホテと歩いてました。 すると、 「おーい!!」 「大丈夫ですか!!」 な…

【第6回】ブックオフのCD280円棚でよく見かけるオススメ洋楽アルバムを紹介してみる

ひさしぶりに音楽の話でもしませんか。 って、誰に語りかけてるんだか、自分でもよくわかりませんが、とにかく、ええ、音楽の話をさせてください。 というわけで、第6回目となる「ブックオフのCD280円棚でよく見かけるオススメ洋楽アルバムを紹介してみる」…

『おじいちゃんはデブゴン』というタイトルが言いづらい問題

先月末から劇場公開されているサモ・ハン・キンポー主演の『おじいちゃんはデブゴン』が私の生活圏内に立地している映画館のほうでもこないだから上映されるようになり、適当なときに観に行こうかなと考えているのですが、ひとつ問題がありまして、というの…

鼻毛カッターの取説に加えるべき注意事項

「人間の身体は成長期を過ぎてしまえば、あとは老いてゆくだけなのだ」 と私は思い込んでいたのですが、どうやらそれは間違いだったと認めざるを得ない今日この頃です。 「こんにちは。鼻毛です」 隙あらば鼻毛の野郎がご挨拶してくるのです。 「いや、おま…

急にうんこがしたくなったので(QUS)

我々人類にとってもっとも身近な危機的状況とはなんでしょうか。 もちろん身近なんだから誰にでも起こりうることです。 「突然、便意に襲われる」 そうです。 やはりなんといってもこれではないでしょうか。 なにしろ、出先だろうが就寝中だろうが便意という…

ラーメンに興味がないラーメン屋

随分前に友人から聞いた話だ。 友人のいとこのおっさんが脱サラしてラーメン屋をはじめたものの、経営が軌道に乗らず、結果、一年も経たずに店を畳んでしまったという。 立地がとくべつ悪かったとか、値段がバカ高かったとか、そういうことでもなかったらし…

【第12回】はじめて○○へ行ってきた「麻酔なしで虫歯の治療」

なんだかここ数年、頭がどんどん脳金じみてきているような気がしてならない。 たとえば「今日の仕事はキツいな」と思ったとき、気づいたら私はふとこんな言葉を呟いていたりする。 「よし。気合いだ気合い」 こうして気合いを一発入れた私は日々の雑務を汗水…

今までで一番衝撃を受けたロックミュージシャンの共演

MTVで放送されているアメリカやイギリスのヒットチャート系の番組をたまに見ることがあるが、ミュージシャン同士がコラボレーションした楽曲がじつに多いことに気づかされる。 「○○feat△△」やら「○○&△△」やら、とにかくやたらと多いのだ。 もちろん「話題に…

【読書】‐この本を書いた中の人たちはきっといい人たちに違いない‐『人には教えたくないグレーゾーンな知識500』(裏の処世術研究倶楽部)

半年ほど前、以下の記事である本についての感想を書いた。 『決定版! 悪用禁止! 悪知恵』なるタイトルの本だ。 表紙には「金儲け、恋愛、生活で使える禁断の裏テク&激ヤバ情報大公開!!!」という刺激的なコピーが躍っており、コンビニでたまたま見かけた…

アマゾンで砲丸が売られていて驚いた

仕事の取引先の業者が「親睦を深めるために」という名目で毎年ボーリング大会を開催しているのだが適当な理由をつけて毎回断り続けている。 もちろんこんなことを書くのは今年もその時期がやってきてしまったからで、先日お会いした件の業者の下っ端の人から…

【第22回】「iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる」

こんばんは。北別府修一です。 当ブログも開設してから2年半ほど経過しました。ここまで続けてこられたのもひとえに読者のみなさんのおかげです。本当にありがとうございます。というわけで、ここらでひとつ当ブログの運営報告をしてみたいと思います。 まず…

【第11回】はじめて○○へ行ってきた「東京ドームでの音楽ライブ観覧」(観たライブ:ポール・マッカートニー)

ポール・マッカートニーのライブをはじめて観に行ってきたのである。 なにしろあのポール・マッカートニーである。人類が存在しているかぎり未来永劫語り継がれるであろう偉大なミュージシャンである。これまで私が観に行った中で間違いなくトップの存在の超…

5月病絶賛発症中

おひさしぶりです。あれからお変わりはありませんか? 相変わらずお仕事のほうはお忙しいですか? 私はぼちぼちやってます。そういえば前に教えてくれたカレー屋、こないだ行きましたが美味しかったです。あそこのチキンカツカレー、最高ですね。ルーはいい…

おっさんはディズニーランドのことを「デズニーランド」と言う

なんか知らんが前回の記事がまたしてもスマートニュースというところで取り上げていただけたらしく、これまでここのブログやってきて最高PV300ちょいだったのが記事を上げた翌日のPVが1000超えてるわ、そのうえ最高で2つしか獲得したことがなかったブックマ…

【第5回】ブックオフのCD280円棚でよく見かけるオススメ洋楽アルバムを紹介してみる

こないだ、はてなブックマーク的なページをなんとなーくつらつらと眺めてたら以下の記事の発見。 thepage.jp 「へ~やっぱ大変なんだなあブックオフ」 なんて思いつつブックマークコメント的なものもついでになんとなーく眺めてみたらブックオフのダメっぷり…

【第10回】はじめて○○へ行ってみた「全身もみほぐし」(行った店:『りらくる』)

ハロー! ベッキーだよ!! というクソ寒い一発ギャグを思わず冒頭にかましてしまうぐらい煮詰まっている。 なにしろ頭が回らない。ネタが思いつかない。というかネタを考える気力が湧かない。端的に言ってめんどくさい。それでもブログを更新したいという病…

映画『マジェスティック』‐世にも珍妙なスイカを巡る復讐劇‐

『マジェスティック』を観た。チャールズ・ブロンソン主演の映画である。 www.youtube.com ブロンソンが演じているのはマジェスティックという名の農夫だ。以前、このブログでも取り上げた同じブロンソン主演の『ブレイクアウト』に近しい雰囲気のあるホノボ…

【テレビ】コントとして楽しめる言い訳エンターテインメント‐『警察24時』‐

お題「楽しみにしているテレビ番組」 私がつい見てしまうテレビ番組のひとつに「警察24時」がある。 車のスピード運転だの痴漢だの違法薬物を所持していただの、そんなような「悪さをした連中」がひっきりなしに登場する例のあれだ。 春だとか年末だとかの時…

【読書】「デビッド・ボウイ」でも「ディヴィッド・ボウイ」でも「デヴィッド・バウイ」でもなく、じつは「ディヴィッド・ブーイ」が正解?‐奥田英朗『田舎でロックンロール』‐

ひさびさに読書にはまっている。 主に読んでいるのは好きな作家のエッセイや音楽・映画の評論本、犯罪ルポタージュだ。 小説は一切読んでない。かつては太宰治や町田康、松尾スズキ、阿部和重、カート・ヴォネガットなどの小説にはまった時期もあったが、最…

【第9回】はじめて○○へ行ってみた「ビルボードライブ東京」(観たライブ:小島麻由美『JIVE! JIVE! JIVE!』)

前回の記事で書いたとおり、昨日、ビルボードライブ東京で開催された小島麻由美のライブを観に行ってきたのであって、今回はその詳細についてレポしてみようと思いますので本日は何卒よろしくお願いいたしますというか、なにを何卒よろしくお願いしているの…

最近聴いた音楽(アル・クーパー、ポール・マッカートニー&ウイングス、デリンジャー・エスケイプ・プラン、小島麻由美)

いろいろあってちょっと元気がないのですが私は大の音楽好きの人間なのであって私を景気づけるために最近聴いた音楽の話でもしようと思いますので、本日は何卒よろしくお願いいたしますというか、なにを何卒よろしくお願いしているのか自分でもよくわかりま…

テレビの字幕を付ける中の人

最近、宅配便サービスの過酷な労働環境が巷の話題になっているのは情報弱者の私でもさすがに知っているわけです。 昨日だったか、仕事に行く前、家で朝のワイドショーをぼーっと眺めてたら、とある宅配便サービスで現役で働いているというかたが匿名顔出しNG…

缶コーヒーが多すぎて困惑するしかない

それにしても缶コーヒーってあまりにも数が多すぎじゃないか。 余計なお世話かもしれないが、とはいえ、モノには限度ってもんがあるじゃないか。 とある町に設置してあるコカ・コーラの自販機を写真に撮ってみた。 看板商品であるコーラなど36個の商品がずら…

「初めて買ったCD(レコード)は?」

いまではすっかりそういった習慣はなくなってしまったが、昔は音楽雑誌を定期的に購読していた。とくに読んでいたのは、『ロッキング・オン』、『クロスビート』、『ミュージック・マガジン』といった、洋楽をメインに取り扱っている音楽雑誌である。 邦楽雑…

「死ね」と言われるより「生きろ」と言われるほうがつらい

こんな内容のない記事オンリーの不人気ブログであるにもかかわらず、新しい記事を投稿するとスターだのブックマークだのコメントだのを寄せてくれる方々が少なからずいらっしゃる。 たいへん有り難いことだ。 ちなみにこれまでにいくつか頂戴したコメントの…

【第21回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる

先月は目標としている月10記事を達成したというのに今月はまだ2つしか記事を書いていない。 あーあ。だめじゃん。 そもそもネタが思い浮かばない。 「ネタがなくてもとりあえずパソコンを開いてキーボードを打て。さすれば自然とネタが湧いてくるはずだ」 み…

匂いの話をされても困る

ひと月ほど前、仕事から帰ってきて家でだらだらしていたら携帯に母から電話がかかってきた。 母からそう頻繁に電話がかかってくることはないし、なにしろ夜中の12時だ。 「もしや、なにか大変なことでも起こったのか…?!」 ちょっとドキドキしながら電話に…

とてもかっこいいことをしたはずなのになんだかものすごくかっこ悪いという状況

親切にもいろいろあるが見返りを求めない親切こそが究極の親切と呼べるのではないか。 なんとなくそう思う。 家族やふだんから親しくしている人への親切は究極の親切とは言えない。なぜなら、たとえ親切をした本人が望んでいなくても、親しい間柄である以上…

映画『グラマー・エンジェル危機一髪』‐こんなものに期待すること自体、間違っている‐

「二度と観たくない映画」というものがある。 もちろん、その大半は「つまらなかった映画」である。 個人的に最近観たのでいえば、ジャッキー・チェン主演の『タキシード』という映画がとてもつまらなかった。途中まではなんとかがんばったものの、1時間もし…

【来日公演開催&チケット当選記念】ポール・マッカートニーのヴォーカル、ベース、ギター、ドラム、ピアノ、それぞれの名演を聴くことが出来るビートルズナンバーを一曲ずつ選んでみた

今朝、PCのメールを何気にチェックしてたら、ぴあから4月に東京ドームで開催されるポール・マッカートニーのライブチケットの当選を伝えるメールが届いていてびっくりした。 いや、たしかに数日前に申し込んでいた。当落通知のメールが来るのも当然だ。むし…

映画『G.I.ジェーン』‐スポ根映画のような爽快感あふるる作品。個人的にはヴィゴ・モーテンセンに助演男優賞を贈りたい‐

まだヤングな年代だったころ、それなりにいろいろなところでバイトをした。 スーパーマーケット、コンビニ、TSUTAYA、ブックオフ、あとセールスマンなんかもやった。時にはこれらを掛け持ちしながらバイト三昧の日々だった。 中でもいちばん長期間続いたのが…

「大将」と呼ばれし者たち

「大将」といえば欽ちゃんこと萩本欽一である。 そして、寿司屋やラーメン屋、さらに居酒屋の店主などが客らから呼ばれているイメージが強い。 たとえば寿司屋の場合、 「じゃあ大将、熱燗もらおうかな」 「へい。熱燗一丁!」 みたいなやりとりはドリフのコ…

【私的エレカシ黄金期】『俺の道』(2003)から『町を見下ろす丘』(2006)までについて

年始に行われたエレカシの武道館ライブを観に行って以来、ひさしぶりにエレカシ熱が俺の中で再燃している。 基本的に物持ちの悪い俺だがライブのチケットはちゃんとファイリングしてあるので、 「エレカシ前回いつごろ観に行ったっけかな」 と何気に思って調…

廃業回収のアナウンスをしている女のテンションが低すぎて鬱になりそう

町中を廃品回収業者のトラックが走っている。まあ、見慣れた光景だ。 「こちらは家電製品の廃品引き取りを行っております。家電製品でいらなくなった物を無料でお引取り致します。テレビ、オーディオ、パソコン、バイク、古タイヤ、バッテリーなど、いらなく…

【読書】『ナンシー関 リターンズ』‐猛烈に気になる「石原軍団忘年会生中継」‐

故・ナンシー関の生前単行本化されていなかったコラムを集めた『ナンシー関 リターンズ』を読んでいたら、とても気になる記述を発見した。 ナンシー関 リターンズ Nancy Seki Returns 作者: ナンシー関 出版社/メーカー: 世界文化社 発売日: 2009/06/13 メデ…

俺とインターネット

俺がインターネットを利用するようになったのは2001年のころだったと思う。 当時は実家住まいで、同居していた弟がわりと早い時期にパソコンを購入しネットを利用していた。俺もネットには多少興味があったものの、べつに利用しなくたって生活に困るわけでは…

映画『ゴリラ』‐シュワルツェネッガーの映画を観てたのに気づいたらガッツ石松のことを考えていた‐

TSUTAYAに行ったらレンタル落ち商品がワゴンセールで売り出されており、なんとなく漁ってみたところ『ガッツ伝説 愛しのピット・ブル』なるDVDを発見、購入してからしばらく経つ。 ガッツ伝説 愛しのピット・ブル [DVD] 出版社/メーカー: オールイン エンタ…

【第8回】はじめて○○へ行ってきた「ボクシング観戦」(観たイベント:『ボクシングフェス2016』@有明コロシアム)

スポーツはほぼ全般的に好きである。 野球(ここ最近はまったく観ていないけど)、サッカー(日本代表戦と日本人選手が所属している海外チームの試合をちらほら観る程度)、格闘技(昔は『PRIDE』『K‐1』、現在は『RIZIN』を主にテレビ観戦)、あと厳密にい…

年終わりのご挨拶と、ついでに本年度に投稿された当ブログのおすすめ記事をいくつかピックアップしてみた。

読者数5000万人かつ月に最低10記事更新を目標に今年はやってきたのだが、どちらも全然達成されずに年も暮れようとしている。 なかなか予定どおりに行かないのが人生である。 そんなことはわかっている。 わかっているがこころざしだけはでっかくやっていきた…

店員がすこぶる不愛想な飯屋

俺がはじめてミュージシャンのライブを観に行ったのは1998年のことだ。日本武道館にて行われたオアシスの来日公演である。バンドのサードアルバム『ビィ・ヒア・ナウ』のツアーの一環で開催された来日公演だった。 ビィ・ヒア・ナウ デラックス・エディショ…

【2016年振り返り】何度も巻き戻して見てしまったほど大笑いしたテレビの名場面6つ

もう今年もそろそろ終わりなわけですが、そういえば「この一年を振り返る」系の記事ってあんま書いたことがないなあと思い、ということで今年私がテレビ番組を視聴していた中で個人的にもっともツボにはまった瞬間をいくつか抜粋し振り返ってみようと思いま…

【第20回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる:番外編「『Can't Take My Eyes Off You』(邦題『君の瞳に恋してる』)のカバー5選」

昔、ビートルズを特集していた洋楽雑誌(たしか『クロスビート』だったと思う)を読んでいたら、「ビートルズでもっとも多くカバーされている曲」という項目があり、それがなんの曲であったのかというとなんと「サムシング」であって、びっくりしてしまった…

金玉が出ていてクビになった男

人間と動物はおなじ生き物ではありますが異なる点が多々あります。 たとえば人間は喋りますが、動物は吠えたり喚いたり鳴いたりはしますが喋りません。人間は文字や絵を書いたりしますが、動物は絵や文字を書くことはありません。人間は車を運転したり、ある…

【第19回】iPodをシャッフルして出てきた5曲を語ってみる

こんにちは。先日、街を歩いていたら丸で囲まれた「悟」という文字が背中の部分に大きくプリントされたパーカーを着ている人物に出くわし戦慄が走った者です。 「悟空ってほんとにいるんだ!!」 感動に打ち震えつつしばし「リアル悟空」を観察していたので…

みのもんたの「顔面力」のすさまじさ

テレビの生番組出演中に共演している女子アナへのセクハラ疑惑がかけられたり、息子が窃盗で逮捕されたりした結果、ここ数年はテレビであまり見かけることがなくなっているみのもんたですが、ひさしぶりにちょっとした騒動を起こしたみたいです。 www.asagei…

続・続・YouTubeの「○○を歌ってみた」の人

先日、以前に録画しておいた某バラエティ番組をぼーっと眺めていたら衝撃が走った。 なんと、あの、「pucuoさん」が出ていたのである。 「pucuoさん」とははたして何者か。 説明しよう。 「○○を歌ってみた」と題した、自身が歌うカラオケの音声ファイルを、Y…