邦楽ミュージシャンの逸話・エピソードをまとめてみた

ミュージシャンの知っていても特に意味のない逸話・エピソードをひさびさにまとめてみようと思う。 ちなみに過去に書いたやつはこちら。 gu-tara-tonchi.hatenablog.com gu-tara-tonchi.hatenablog.com 今回は邦楽ミュージシャン編で、例によって情報ソース…

苗字も改名できるのか何気に調べてみたら地獄を見た

ついこないだ、母親によって「王子様」と名付けられた男子高校生が改名に成功したというニュースが大きな話題となったが、ふと「苗字のほうはどうなんだ」と思った。 「御手洗」(みたらい) 「猿田」(さるた) 「鰻」(うなぎ) などといった少々変わった…

私は「目覚めなかった」

私はこれまでに排尿もしくは排便している最中の女の姿を何度か目の前で見たことがある。 なんだか変態男の独白みたいな書き出しになってしまった。 全然違う。 私はそっち系のAVにはまったく興味はないし、ましてや「のぞき」のような類の犯罪行為を行ったこ…

熊田薫は稀代の大馬鹿者である

熊田薫は大馬鹿者である。 これが私が出した結論である。 もちろん「熊田薫」とは、漫画『キテレツ大百科』に登場する「ブタゴリラ」のことだ。八百屋のひとり息子で、『ドラえもん』でいったらジャイアンのようなガキ大将の少年である。 UDF 「藤子・F・不…

2019年3月の消化物(音楽、映画)

めずらしくやる気が出たので、先月に引き続き恒例の今月味わい尽くした新作の音楽とか映画についての感想をちょこちょこ書いてみようと思う。 ●【音楽】鹿の一族『P』 前作からおよそ一年ぶりとなる待望の2ndアルバム。グランジ/オルタナからの影響を感じさ…

鹿の一族@下北沢GARAGE(2019/3/23)

鹿の一族2ndアルバム『P』レコ発ワンマンライブを観に行ってきた。 GARAGE前の光景を見て驚いた。 たくさんの人たちが列を作って並んでいる。 フルハウスである。 今回で鹿の一族のライブを観るのは4度目となるが、このような光景ははじめてだ。 たしかに小…

思い出のアメ玉

いまになって振り返ってみると「貴重な体験したなー」と思うのが、一時期、家の前にヤクザの人が住んでいたことだ。 まだ小学校に入学前の子供だったころのことである。 家の前の床屋さん一家が引越しをすることになった。そこの貸店舗兼住居である物件に居…

映画『ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い』‐最強かつ最狂の消防士、爆誕‐

先日、劇場へ『THE GUILTY/ギルティ』という映画を観に行ったらわりと重ための物語で、その反動からか、猛烈にバカな映画を観たくなった。なので、録画してあった午後ローの映画を観ることにした。 午後ローはいい。放送される映画の8割がたがバカ映画だか…

美輪明宏を見た

いまから十数年前のことである。 新宿の地下駐車場でバイクを停めていたら、向こうからなんだかものすごい車がやってきた。 まるで『ベルサイユのばら』に出てくるような車といったらいいだろうか。いや、私は『ベルサイユのばら』をちゃんと読んだことはな…

映画『ザ・コア』‐「地球がヤバい系のディザスター映画」=「オチは核ミサイルをぶち込む」という決まりでもあるのか‐

『ザ・コア』は、滅亡の危機に瀕した地球を救うために地球物理学の博士や核エネルギー学の博士やスペースシャトルの搭乗員など、各方面のスペシャリストたちが集結して探査艇で地中を潜るという一風変わったディザスター映画であった。 ザ・コア [Blu-ray] …

2019年2月の消化物(音楽、映画、本)

恒例の今月味わい尽くした音楽や映画や本について。前回からだいぶ間が空いてしまったが、ひさしぶりにやる気になったので書いてみようと思う。 ●【音楽】Indus&Rocks『32min at mitosenbayamastudio』 ウェブ上でリリースされたフリーダウンロード音源。既…

映画『ウィッカーマン』(2006)‐「笑えるニコラス映画」としては上位に入る作品ではないか‐

世の中には「マン」が溢れている。 エロい人は勘違いしないでほしい。私はシモの話をしたいのではない。 「スーパーマン」とか、「ウルトラマン」とか、「キン肉マン」とか、「アンパンマン」とか、「ブッシュマン」とか、そういう「マン」のことである。 で…

松崎ナオ&鹿の一族のメロディがすこぶるキャッチーな曲ベスト5

ひさしぶりに音楽に関する真面目なシリーズものの記事を書いてみたくなったので書いてみようと思う。 どういう記事かというと、 「○○(←ミュージシャンまたはバンド)の△△が素晴らしい曲ベスト5」 とかなんとかといった感じの記事である。 とりあえず、候補…

【ライブ感想】ナンバーガール@ZEPP TOKYO~2002/11/28

まさかのナンバーガール再結成ということで、せっかくなので大昔にとある音楽系同人誌に掲載させていただいた「第一期ナンバーガール」の東京最終公演の模様を綴った感想文をこちらに採録いたします。 いま読み返してみると、どうしようもなく青臭い内容の、…

「通勤」「満員電車」「残業」などの鬱ワードを無理やり音楽用語に変換してみる

こんな名前のブログを運営しているぐらいだから、本音を言うと出来れば仕事なんかせずに毎日ディズニーランドで遊びながらのんべんだらりと生活したい。いや、ディズニーランドはべつにどうでもいいが、とにかく毎日遊んで暮らしたい。 しかし悲しいかな、遊…

映画『スターリングラード』‐ジュード・ロウもエド・ハリスもレイチェル・ワイズの尻も素晴らしいが、刮目すべきはロン・パールマン大先生(総出演時間2分程度)の圧巻の死にっぷりである‐

『スターリングラード』は第二次世界大戦中に実在したソ連の若きスナイパーを描いた作品とのことである。 スターリングラード [Blu-ray] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2013/06/04 メディア: Blu-ray クリック: 2回 この商品を含むブログ (5件)…

映画『ネバーサレンダー 肉弾突撃』‐全然ゴリラじゃなくてがっかりした‐

『ネバーサレンダー 肉弾突撃』という映画を観た。 ネバー・サレンダー 肉弾突撃 [DVD] 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 発売日: 2010/04/02 メディア: DVD クリック: 6回 この商品を含むブログ (3件) を見る この…

映画『オープン・ウォーター』‐「サメの話しようぜ」「無理!」な映画‐

これって、たしか公開当時、けっこう話題になってた映画だよなあ、ってことで『オープン・ウォーター』を観たらびっくりした。 オープン・ウォーター [DVD] 出版社/メーカー: ポニーキャニオン 発売日: 2005/11/16 メディア: DVD クリック: 15回 この商品を…

珍名コンサート会場

こないだ、フリーメールの受信フォルダを開いたら、ぴあから岡村靖幸のコンサートの情報を伝えるメールが届いていた。 どうやら5月の祝日に北海道でコンサートが行われるらしい。 関東住みの人間だし、いくら祝日とはいえさすがに北海道までわざわざ行くこと…

ミニストップとマクドナルドで困ること

いいかげん寒いのも嫌になってきたので一足早く夏の話でもしましょう。 さて、夏になると私は決まって頻繁に食べるものがある。 ミニストップのハロハロだ。 まず、上に乗っているソフトクリームが絶品ものだ。ラムネ、宇治抹茶あずき、フルーツ杏仁など、種…

「歌手」佐竹雅昭がとにかくやたらと自信満々だった

ブックオフで中古CDの棚を眺めていたら、なんと、元格闘家である佐竹雅昭のCDを発見した。 佐竹雅昭の覇王塾(with林原めぐみ) アーティスト: 佐竹雅昭,林原めぐみ,佐竹プロジェクト・オーケストラ 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン 発売日: 1996/…

映画『新幹線大爆破』‐丹波哲郎にも負けないぐらいの偉そうな態度でおすすめできるパニック超大作‐

『新幹線大爆破』は1975年に上映された作品で、「ハリウッドのパニック映画にも対抗できるような日本独自のパニック映画を作ってやろう!」という意気込みを元に制作されたとのことである。じっさいそういった意気込みが反映されたのだろう、はじめから終わ…

2018年の良かった曲

今年もあともう少しでおしまいなので一年のまとめ的な記事を書いておきたいと思う。 というわけで、今年リリースされた曲で個人的に気に入った曲をまとめてみた。 ●Blood Orange「Charcoal Baby」 Negro Swan アーティスト: Blood Orange 出版社/メーカー: D…

映画『7セカンズ』‐たまにはありえないウェズリー・スナイプスを観たい‐

ウェズリー・スナイプスの映画って観る前からだいたい内容の予想がつく。 演じているのは凄腕の刑事だとか凄腕のCIAだとかで、悪い奴をぶっ飛ばしてラストは美女とよろしくやって良かった良かったでジ・エンド、みたいな感じ。 悪党を演じることもなくはない…

究極かつ至高の焼き鳥

焼き鳥屋に行った。 持ち帰り専門の焼き鳥屋だ。はじめて行く店だ。 「えーっと、ももが3本となんこつが2本。ぜんぶ塩で」 「ハイ、塩のもも3本、なんこつ2本ね! ○○円です!(動揺してしまったので正確な値段は忘れた)」 なんだかひどく愛想の良いオヤジに…

【第19回】はじめて○○へ行ってみた「宇多田ヒカルのライブ」(2018年12月9日@幕張メッセ国際展示場9~11ホール)

『Ja, Zoo』という素晴らしいアルバムを制作している最中、まるでそれを置き土産にするように、突然、hideがこの世を去った。椎名林檎が1stシングル「幸福論」と2ndシングル「歌舞伎町の女王」を立て続けにリリースし、新世代の女性シンガーとしてサブカル系…

筋トレを約1ヶ月間行って得た知見

いろいろと思うところがあって、1ヶ月ほど前から筋トレ&ダイエットのための運動(※体重的にはとくに太ってはいないがぽっこり突き出ている下腹がどうも気になるので。たぶん酒のせい)を継続して行っている。 べつに私はボディービルダーとかになるつもりは…

映画『オーバー・ザ・トップ』‐筋肉こそが正義‐

『オーバー・ザ・トップ』は「スタローンがアームレスリングをする映画」ぐらいの知識しかなかったが、じっさい鑑賞してみるとそれは半分は当たっていて半分は間違っていた。 オーバー・ザ・トップ <HDニューマスター版> Blu-ray 出版社/メーカー: TCエン…

【第18回】はじめて○○へ行ってみた「椎名林檎のライブ」(2018年11月25日@さいたまスーパーアリーナ)

というわけで、こないだの日曜日に観に行ってきた。 デビュー20周年を記念したツアーのたまアリ最終公演である。 というか、「ライブ」っていうとちょっと違うな。 「エンターテインメントショウ」 うん。こっちだ。 まあなにしろ、なにからなにまで凝ってい…

好きなミュージシャンをランク付けしてみた

タイトルのとおりである。 この人は音楽的にここがこう優れている、とか、そういう話を書くわけではなく、私が個人的にふだん愛聴させていただいているミュージシャンの「好き」の度合いを相撲の番付形式でもってランク付けしてみようと思う。 以下が内訳で…